ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ハイライト映像】アロンソ、予選“9番手以上”の好タイム/F1メキシコGP

2017年10月29日(日)6:11 am

F1メキシコGP予選のハイライト映像が公開された。

●【予選タイム結果】F1メキシコGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■アロンソ「今日は最高のクルマ」

グリッド降格ペナルティが決まっているフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が、予選Q1で見せてくれた。

予選Q1で1分17.518秒のトップタイムを刻んだのはルイス・ハミルトン(メルセデス)、そしてわずか0.192秒差の5番手はフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)だった。

アロンソがQ1で記録した1分17.710秒を予選Q3に当てはめると、9番手タイムを記録したカルロス・サインツ(ルノー)を上回ることになる。もしQ3へ進出していたとしたら、Q1よりも0.3秒縮めれば予選6番手、0.5秒縮めればキミ・ライコネン(フェラーリ)を上回り予選5番手に入る力があった。

アロンソは予選後、「今日は最高のクルマがあると感じていた。楽しかったよ!」と述べている。

■諦めないベッテル&フェラーリ

今季4回目、通算50回目となるポールポジションを獲得したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。チャンピオンシップ争いではルイス・ハミルトン(メルセデス)が絶対的に有利だが、4度のF1世界王者ベッテルはそれでも諦めずに意地でポールポジションをもぎ取った。

●【ハイライト映像】アロンソ、予選“9番手”以上の好タイム/F1メキシコGP(5:54)[F1.comへ]

【関連記事】
●【レッドブル】ホンダ?“何か”が進行中?・・・フェルスタッペン、未来のエンジンは「心配無用」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「トップと0.2秒差、クルマは最高に気持ちよかったし楽しかった!」
●【予選レポート】ベッテルが意地のポール マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出を回避/F1メキシコGP
●【予選Q2速報】マクラーレン・ホンダ、“戦わない予選”/F1メキシコGP予選
●【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ5番手!2台ともQ2へ/F1メキシコGP予選

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック