バーニー、マクラーレンを批判

ミハエル・シューマッハ特集

ミハエル・シューマッハ Michael Schumacher
ミハエル・シューマッハ 国籍/出身地 ドイツ/フルト・ヘルム-ルハイム
生年月日 1969年1月3日(48歳)
F1デビュー 1991年ベルギーGP
F1初優勝 1992年ベルギーGP
出走回数 308回
表彰台 155回
優勝回数 91回
生涯獲得ポイント 1566ポイント
F1チャンピオン 7回
最高位 1位
ポールポジション 68回
最高グリッド 1位
戦績
チーム 順位 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BQ PP
ジョーダン
ベネトン
12 6 5 0 0 0 5 0
ベネトン 3 16 1 1 8 2 2 0
ベネトン 4 16 1 1 9 1 2 0
ベネトン 1 14 1 8 10 8 1 6
ベネトン 1 17 1 9 11 8 1 4
フェラーリ 3 16 1 3 8 2 1 3
フェラーリ 26 17 1 5 8 3 1 3
フェラーリ 2 16 1 6 11 6 1 3
フェラーリ 5 10 1 2 6 5 1 3
フェラーリ 1 17 1 9 12 2 1 9
フェラーリ 1 17 1 9 14 3 1 11
フェラーリ 1 17 1 11 17 7 1 7
フェラーリ 1 16 1 6 8 5 1 5
フェラーリ 1 18 1 13 15 9 1 8
フェラーリ 3 19 1 1 5 3 1 1
フェラーリ 2 18 1 7 12 7 1 4
メルセデスAMG 9 19 4 0 0 0 5 0
メルセデスAMG 8 19 4 0 0 0 5 0
メルセデスAMG 13 20 3 0 1 1 1 0
※FL=ファステストラップ回数 BQ=予選最高位 PP=ポールポジション回数
※1997年最終戦での接触行為によりランキングから除外
※2012年予選で1番手だったが、前戦のペナルティーによりグリッドは6番手
プロフィール
1984-87 カートチャンピオン時代
幼少期に父親から贈られたカートで遊ぶことが多かったシューマッハ。両親やまわりの人からの援助でカートを続けることができ、1984年、1985年にドイツ・ジュニア・カートチャンピオンを獲得、1987年にドイツ・ヨーロッパ・カートチャンピオンを手にする。
1990 F3チャンピオン
1990年ドイツF3チャンピオンを獲得、1991年にF3000へステップアップ。
1991年8月25日、スパ・フランコルシャンで開催されたベルギーGPでF1デビュー。当時、ジョーダンに在籍していたドライバーの事件がきっかけで、F1シートを手にしたシューマッハ。予選ではいきなり7位に入るが、決勝は0周リタイア。しかし、このときの走りが印象的だったのか、次のイタリアGPからベネトンへ移籍し、チームメートを上回る5位でフィニッシュしている。
1992年、F1デビューの地で、F1初優勝を果たし、年間3位で終える。
1993年、第14戦ポルトガルGPで優勝。この年も1勝のみ、年間4位。
1994年、開幕から3連勝したシューマッハ。シーズン途中2レースの出場停止や失格があったものの8勝し、初のドライバーズ・タイトルを手にする。
1995年、年間17戦中9戦で優勝し、ドライバーズ・タイトル2連覇を達成する。
1996年、チャンピオンを手土産に名門チームフェラーリへと移籍。低迷するフェラーリを再建しチャンピオンを獲得するのが使命。しかし、チャンピオンといえども、すぐにはタイトルに手が届かなかった。しかし、チームのホームグランプリ、負けられない一戦のイタリアGPで優勝し、フェラーリに1988年以来の勝利をもたらした。
1997年、ジャック・ビルヌーブとシューマッハは、最終戦までタイトル争いを繰り広げる。最終戦のヨーロッパGPで、シューマッハを抜こうとしたビルヌーブと接触。シューマッハはリタイアし、ビルヌーブが3位に入った。FIAはシューマッハが故意にぶつけたと判断、ドライバーズ・ランキングをはく奪されてしまう。
1998年、フェラーリへ移籍後初のタイトル獲得が期待されたこの年。ライバルのミカ・ハッキネン(当時マクラーレン)と優勝争いを繰り広げる。16戦中6勝をあげたシューマッハは、2位で終える。
1999年、第8戦イギリスGPでブレーキの破損が原因でタイヤバリアに激突。右足を骨折したため7レースを欠場する。復帰戦ではポールポジションを獲得、年間5位で終えるものの、フェラーリにとって1983年以来のコンストラクターズ・チャンピオン獲得に貢献する。
2000年、フェラーリへ移籍して5年目。開幕から3連勝し、F1-2000の強さ見せつける。シーズン中盤にマクラーレン勢の追い上げにあうが、終盤の4戦を連勝。自身3度目、フェラーリにとっては1979年以来のドライバーズ・タイトルに輝く。
2001年、17戦中9勝したシューマッハは、自身4度目のタイトルを手にする。
2002年、序盤から勝利数を重ねていったシューマッハは、第10戦で自身5度目のタイトルを決めている。この年、フェラーリは17戦中15勝、シューマッハは11勝。
2003年、開幕から優勝することができなかったことが、シーズン終盤までひびく。キミ・ライコネン(当時マクラーレン)とタイトル争いとなり、最終戦の日本GPで、ようやく自身6度目のチャンピオンを手にした。
2004年、開幕から5連勝したシューマッハ。年間18戦中13勝をマークし、5年連続ドライバーズ・チャンピオンに輝く。通算7回目。
2005年、レギュレーションの変更になかなか対応できなかったシューマッハ。ミシュラン・タイヤを使用するチームがボイコットしたアメリカGPが唯一の優勝となる。タイトル争いもできず、年間3位で終える。
2006年、シューマッハは第4戦まで優勝できなかったものの、フェルナンド・アロンソ(当時ルノー)とタイトル奪還のため、争う。第15戦イタリアGPを優勝したシューマッハは、FIA公式記者会見の席上で、2006年末での引退を自ら発表。タイトル争いが続く中、17戦日本GPではエンジンブローで無念のリタイア、最終戦もトラブルや不運で優勝できず4位に終わる。結局年間2位でF1を去っていく。
2007-2008 フェラーリのアドバイザー時代
2007年、2008年はフェラーリのアドバイザーとして、テストをしたり、サーキットに足を運んだりしている。
2009 バイク事故でF1復帰を断念
2009年、第10戦ハンガリーGP予選でフェラーリのフェリペ・マッサが頭部にケガを負い、マッサがF1レースに復帰するまでシューマッハが代役としてグランプリに参戦する予定だったが、自身の首のケガが完治していなかったため、復帰を断念。
2010年、メルセデスGPからF1復帰したが、チームメートに負け、期待されるほどの結果を出せなかった。シーズン中、引退がささやかれるも本人はメルセデスGPとは複数年契約で続投を主張している。72ポイントで9位。
2011年、復帰2年目のシューマッハは時折、引退前の速さを見せる場面も多くなり、表彰台獲得の期待がかかる。しかし、2011年シーズンも表彰台に立つことができなかった。最高位はカナダGPの4位。ランキングは76ポイント獲得で8位。
2012年、第8戦ヨーロッパGPで復帰後初の表彰台に立ったが、メルセデスAMGがルイス・ハミルトンと2013年の契約を締結。シューマッハは2012年でF1引退を決意した。
2013 休暇中にスキー転倒事故
2013年12月29日、家族や友人とフランスで休暇中だったシューマッハが、スキーで事故。頭を岩にぶつけ、緊急手術が行われ、こん睡状態となっている。
TopNews最新ニュースを読もう!