ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【スターティンググリッド降格】ペナルティは5人、計115グリッド降格/F1メキシコGP

2017年10月30日(月)3:10 am

F1メキシコGP公式スターティンググリッドが発表された。

●【公式スターティンググリッド】F1メキシコGP、ペナルティの内容など

パワーユニット・エレメント交換によるペナルティを科せられたのは5人のドライバーで、合計115グリッド降格ペナルティとなった。

いずれも、ホンダ、そしてルノーのパワーユニットのトラブルとなる。後半戦、グリッド降格ペナルティが増えそうだ。

フェルナンド・アロンソは18番手、ストフェル・バンドーンは19番手からスタートする。

■20グリッド降格ペナルティ
・フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)
・ピエール・ガスリー(トロロッソ)
・ダニエル・リカルド(レッドブル)
・ブレンドン・ハートレイ(トロロッソ)

■35グリッド降格ペナルティ
・ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)

【関連記事】
●【ホンダF1】「さくらでの出力コントロール対策が奏功し、余裕で目標クリア。競争力はある」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「トップと0.2秒差、クルマは最高に気持ちよかったし楽しかった!」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「力強さが増して競争力がある。アグレッシブにいくよ」
●【マクラーレン・ホンダ】「今週末の中で最高の仕上がり。第2セクターは最速タイム」
●【レッドブル】ホンダ?“何か”が進行中?・・・フェルスタッペン、未来のエンジンは「心配無用」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック