ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「素敵な“ギフト”を待っている。来季はポール争いを」残留はエンジン次第

2017年07月30日(日)22:18 pm

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は来季、マクラーレンに残留することを示唆しているが、それは危機的なエンジンサプライヤーの結果次第ということになるだろう。

マクラーレン・ホンダでは予選後、アロンソの36歳の誕生日パーティーを開催した。その際、エリック・ブーリエ代表は「今は37歳の誕生日を一緒に祝うことを願っているよ」と述べた。

そしてスペインのスポーツ紙『Marca(マルカ)』で、アロンソは次のように答えている。「僕はチームを非常に誇りに思い、過去3年間よく働いたよ」

「エリック(・ブーリエ)、ザク(・ブラウン)や他の誰かが、僕に素敵な贈り物を送ってくれれば、来年もお互いに会いたいと思うだろう」

その「贈り物」とは何かと問われると、アロンソは次のように語った。「僕たちはここで7位争いをしていると思うけれど、それはドライバーが夢見ているポジションではない」

「来年は7位争いではなくポール争いをしていることを願っているよ」。

● 【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「マクラーレンには変化が必要」来季インディカー転向も検討と認める
●ホンダではなくフェラーリを選んだザウバー新代表、ホンダを使用しなかった理由は?
●【マクラーレン・ホンダ】トロロッソ・ホンダの誕生がマクラーレンの希望?

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック