【4PU比較】ホンダは死んだ音

【動画・4エンジン比較】ホンダエンジンはストレートで死んでいるような音に聞こえる・・・

2017年03月09日(木)22:34 pm

「ホンダエンジンはストレートで死んでいるような音に聞こえる」

これは9日(木)、今シーズン2回目のF1プレシーズンテスト(バルセロナ・サーキット)3日目午前中の走行時に、コースサイドで見ていたジャーナリストのジェームズ・アレンがSNSでつぶやいた言葉だ。

●【最終F1テスト:3日目午前タイム】マクラーレン・ホンダ、1分22秒超え!フェラーリは最速更新

■パワーが出ていない

アレンは長年、F1エンジン(パワーユニット)を聞いてきて、この日も全パワーユニットの音を聞いているはずだ。ホンダが開幕戦仕様として持ち込んでいる新パワーユニットは、昨日フェルナンド・アロンソが記者会見で怒りを露わにしたように「パワーが出ていない」ようだ。

■レースを走りきれない?

マクラーレン・ホンダは圧倒的に走行距離が少ない。他のチームが1日のテストで2〜3レース分も走行している状況にも関わらず、丸1日テストをしてもレース距離すら走行できていない状況が目立つ。

テストは今日を含めあと2日。開幕戦F1オーストラリアGPまで、準備期間を考えると7日〜10日間ほどしかない。

■マクラーレン・ホンダのエンジン音

■メルセデスのエンジン音

■フェラーリのエンジン音(ハース)動画の22秒あたりからストレートを走行するシーン。

■ルノーエンジン音

●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン、午前中に2度のストップ・・・原因はホンダのパワーユニット
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「勝てない理由はひとつ。それはホンダだ」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、とうとう怒り爆発「ホンダはパワーも信頼性もない」
●アロンソがF1残留を示唆「今年がだめなら来年攻める」マクラーレン・ホンダ残留は?
●【ホンダF1】新スペックエンジン導入「開幕戦へ向けてデータ収集できた」

前後の記事
[Ads]
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック