ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【正式発表】アロンソ、トヨタと組んでル・マン24時間を含むWECに参戦

2018年01月30日(火)21:14 pm

マクラーレンは30日(火)、フェルナンド・アロンソがトヨタのWECチームの一員としてル・マン24時間レースを含む2018年のWEC(世界耐久選手権)に出走することを正式に発表した。

● 【WEC】トヨタのアロンソ誕生!「ル・マン参戦を夢見てきた。中嶋一貴から学ぶ」

F1モナコGP、インディ500マイルレース、そしてル・マン24時間レースのいわゆる世界3大自動車レースすべてで優勝することを目標に掲げているアロンソだが、その一環としてトヨタから6月に開催されるル・マン24時間レースに出走するのではないかとうわさされていた。

あくまでもF1に集中して欲しいとの希望を持つマクラーレンとしては、アロンソの意向に難色を示していると伝えられていたが、なんとル・マン24時間レースだけでなく、F1と開催日がバッティングしないWECレースにアロンソが出走することを認めたことが明らかとなった。

この結果、アロンソはF1アメリカGP(10月21日決勝)と開催日が重なる富士スピードウエイでのWEC第4戦日本ラウンドを除くすべてのWECレースにF1とかけもちで出走することになると見られている。

少し前に、自分はレースが好きだから毎週末レースをすることが望みだと語っていたアロンソだが、仮に日本ラウンドを除くWEC全レースとF1レースをかけもちすることになれば、6月の第2週に開催されるF1カナダGP(6月10日決勝)を皮切りに、同16日から17日に行われるル・マン24時間、24日に決勝が行われるF1フランスGP、7月1日に決勝が行われるF1オーストリアGP、7月8日に決勝が予定されているF1イギリスGPまでなんと5週連続でレースに臨むというまれに見る過酷なスケジュールに挑戦することになる。

今回の決定について、マクラーレンを率いるザック・ブラウン(エグゼクティブディレクター)とアロンソはそれぞれ次のようにコメントしている。

■ザック・ブラウン(マクラーレン/エグゼクティブディレクター)

「フェルナンドがル・マン24時間に出走することを望んでいたことは誰もが知っていたことだ。そして、我々の組織にいる誰もがフェルナンドのようなやる気に満ち、ハングリーで、世界レベルのドライバーはどのF1チームにとっても恐ろしいほどの財産であると評価していると思っている」

「昨年、我々はフェルナンドがモナコGPではなくインディ500に参戦するという合意に達していた。だが、我々は常にそうしたことはケース・バイ・ケースで考えることになると言ってきた。そして2018年に関しても、我々にとってもっとも優先すべきはF1での成功だということはお互いに理解している」

「フェルナンド同様、我々マクラーレンの者たちもレーサーの心を持っている。そして我々のチームはこのスポーツにおいて異なる形で戦い、成功を収めるという勇敢な伝統のもとに築き上げられてきている。同様に、重要なことは我々の第一の目標がF1であることを損なうようなことはないという自信があることだ。適切な評価を行った後、我々はこのキャンペーンがそうしたことにはつながらず、マクラーレンにとって最大の利益が損なわれることはないという考えに至ったものだ」

■フェルナンド・アロンソ

「僕はこれまでモナコGP、インディ500、そしてル・マン24時間で3冠を達成したいという目標を持っていることをはっきりと意志表示してきていた。昨年はインディに挑戦して、惜しいところまでいったものの、手が届かなかった」

「今年はマクラーレンのおかげでル・マンでの勝利に向けて戦うチャンスを得ることができる。大きな挑戦だし、うまくいかない可能性も大きいだろう。だけど、僕はやる気に満ちているし、戦うことを楽しみにしている」

「僕がWECでレースができることになったのは、マクラーレンとの強い関係と深い理解があったことに尽きる。僕はこれが僕にとってどういう意味を持つものなのかということについて彼らが耳を傾けてくれ、理解してくれたことを本当にうれしく思っているよ」

「この挑戦によって主たる目標であるマクラーレンでのF1活動に支障をきたすことはありえないよ。2018年の僕の目標はすべてのグランプリに出走することだし、僕たちはそれを達成できるところに近づいていると確信しているよ」

●【ル・マン】トヨタ豊田社長「アロンソは我々が経験したことのない景色を見てきた、車が更に鍛えられる」
●【WEC&ル・マン】トヨタにアロンソ加入・・・全ドライバーラインナップとプロフィール

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック