バーニー、マクラーレンを批判

【動画・大クラッシュ】17歳のイギリス人F4ドライバー、両足を切断 善意の寄付集まる

2017年04月20日(木)6:50 am

先週末、イギリスのドニントン・パークで「恐ろしい」クラッシュに巻き込まれた17歳のFIA F4ドライバー、ビリー・モンガーは両足を切断した。

●【続報】両足を切断した17歳のF4ドライバー、昏睡状態から目覚め現状をポジティブに理解

レース中、ビリー・モンガーがコース上に止まっていた別のレーシングカーにアクセル全開の状態のまま突っ込む事故が発生。クラッシュ後、モンガーのクルマは前方のクルマに完全にくっついた状態となっており、慎重に救出するため90分以上もクルマに残されていた。

モンガーは救出後、病院にヘリで搬送され、両足を切断した。

寄付サイト『JustGiving(ジャスト・ギビング)』では、この大事故に遭ったビリー・モンガーが将来「アクティブな生活」を送るための寄付ページが開設された。

これは彼のチーム「JHR Developments」が彼と彼の家族のために開設し、目標の寄付額は26万ポンド(約3,600万円)を目標としており、現時点ですでに目標額を上回る額が集まっている。

F1ドライバーに限らず、世界中のレース関係者が彼の明るい未来を願って寄付ページをシェアしている。

●ビリー・モンガーの将来のための寄付ページはこちら(JustGivingへ)

■【動画】(閲覧注意)ビリー・モンガー、大クラッシュした瞬間のオンボード映像。(動画の12秒過ぎに事故のシーンがありますので、閲覧にはお気を付け下さい)

●【続報】両足を切断した17歳のF4ドライバー、昏睡状態から目覚め現状をポジティブに理解
●【F4大事故】ジェンソン・バトン、両足切断のF4ドライバーへ15,000ポンド寄付「バトンは最初に電話をくれた」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック