【決勝レース結果】F1バーレーンGP

【続報】両足を切断した17歳のF4ドライバー、昏睡状態から目覚め現状をポジティブに理解

2017年04月21日(金)6:20 am

ドニントン・パークで行われたレース中の事故により、両足を切断した17歳のイギリス人F4ドライバー、ビリー・モンガー(Billy Monger)が手術後、昏睡状態から目を覚ました。

●【動画・大クラッシュ】17歳のイギリス人F4ドライバー、両足を切断 善意の寄付集まる

決勝の第3レースの終盤、コース上に止まってしまったライバルのパトリック・パズマ(Patrik Pasma)にアクセル全開の状態で突っ込んだモンガーは、救出まで90分以上を要し、ヘリで病院に運ばれたものの、両足を切断することになった。

水曜日、イギリスF4は声明を出し、モンガーの両足が切断されたことを確認し、「重大ではあるが安定している」ことと、彼の状態が「進歩を示している」ことを発表した。

そして木曜日、モンガーが所属しているJHR Developmentsのチーム代表スティーブン・ハンター(Steven Hunter)は、モンガーの最新の状態を英『Autosport(オートスポーツ)』に次のように伝えている。

「自体はポジティブだ」

「ビリーは自分自身で呼吸して会話していたよ」

「彼は自身の怪我を知っている。彼はこの状況について非常にポジティブに捉えている。彼はそこに座って、ステアリングホイール裏についているクラッチを手で動かす仕草を見せていたよ」

「それこそビリーだ。これから長く険しい道のりが待っていて、避けて通ることはできないだろうが、私は彼の持ち前の個性により、困難をくぐり抜けるだろうと信じている」

●【JustGiving(ジャスト・ギビング)】ビリーの活動的な将来のための寄付ページ(外部サイト)

●【動画・大クラッシュ】17歳のイギリス人F4ドライバー、両足を切断 善意の寄付集まる
●【F4大事故】ジェンソン・バトン、両足切断のF4ドライバーへ15,000ポンド寄付「バトンは最初に電話をくれた」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック