NEXT...F1開催スケジュール

F1ドライバー2022 – F1 DRIVERS

2022年F1ドライバー&コンストラクター
PU:レッドブル・パワートレインズ(RBPT)
■2022年3月3日には現F1王者フェルスタッペンが2028年までの大型契約を発表。ペレスはF1モナコGP初優勝の2日後、5月31日に2年契約延長を正式発表した。
PU:フェラーリ
■2022年で2年目となるラインナップ。ルクレールとサインツは2024年までの複数年契約。
PU:メルセデス
■ハミルトンは2021年7月3日に2023年までの2年契約、ラッセルは9月7日に長期契約を発表。
PU:メルセデス
■リカルドは2023年まで、ノリスは2025年まで契約延長。
PU:フェラーリ
■2021年9月2日、ライコネンが引退を発表。9月6日、ボッタスが複数年契約(2年)を発表した。11月16日、F2ドライバーのジョウ・グァンユ(周冠宇=Guanyu Zhou)と1年契約を発表、初の中国人F1ドライバーが誕生した。
PU:ルノー
■2022年で2年目となるラインナップ。オコンは2021年6月16日に2024年までの複数年契約を発表、8月1日のハンガリーGPではF1初優勝を経験。アロンソは8月26日に2022年の1年契約を発表。
PU:レッドブル・パワートレインズ(RBPT)
■2021年9月7日、2022年で2年目のコンビとなる現ラインナップの継続を発表。ガスリーは2023年までの契約だが、レッドブルF1昇格がなくなったことから移籍を模索中。角田は2年目のF1で結果を出して来季以降の契約を勝ち取りたい。
PU:フェラーリ
■2022年3月5日、ニキータ・マゼピンとの契約解除を発表し、2022年3月9日、2020年まで在籍していたケビン・マグヌッセンと複数年契約(2年)を発表。シューマッハはクラッシュが多く、今季限りでのシート喪失の危機に立たされている。
PU:メルセデス
■2021年9月16日、2022年で2年目となるラインナップを発表。オーナーであるローレンス・ストロールの息子ランスは残留が決まっていた。ベッテルは引退のうわさも囁かれていたが9月16日に残留を発表。
PU:メルセデス
■2021年9月8日、ラティフィの残留とアルボンの加入を発表。レンタル移籍のアルボンだが、ウィリアムズとの契約期間中はレッドブルと情報共有はしない。

TopNews最新ニュースを読もう!