ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【決勝レポート】波乱のレースでハミルトンがタイトル獲得 優勝はフェルスタッペン/F1メキシコGP

2017年10月30日(月)6:18 am

2017年F1第18戦メキシコGPが10月29日(日)、エルマノス・ロドリゲス・サーキット(1周4.304km)で3日目を迎え、現地時間13時(日本時間30日午前4時)から行われた決勝でレッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝した。今季2勝目、通算3勝目。

●【決勝結果】F1メキシコGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■スタートでトップ3台が接触

ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)のタイトル確定がかかったレースだが、スタート直後に波乱が起きる。

うまくスタートを切ったかに見えたポールシッターのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が襲い掛かって前に出る。そこでフェルスタッペンとベッテルが軽く接触。そのすきに3番手スタートだったハミルトンが一気に2台を追い抜こうとする動きを見せるが、今度はそこでハミルトンとベッテルが接触してしまう。

この接触でベッテルはフロントウイングを破損、ハミルトンは右リアタイヤがパンクしてしまい、タイトル争いを展開する2台がピットに戻るという展開となる。特にタイヤをパンクさせたハミルトンはピットに戻るまでに時間がかかり、最後尾に落ちてしまう。

ベッテルも16番手に順位を下げ、仮にハミルトンがノーポイントに終わってもタイトル獲得のチャンスを残すには2位以内でゴールする必要があるベッテルにとっては非常に厳しい展開となってしまった。

トップに立ったフェルスタッペンのクルマにはダメージはなく、その後2番手のボッタスとの差を大きく開きながら独走態勢を築いていく。

■ルノーエンジン勢にトラブル続発

一方、パワーユニット交換によるグリッド降格で16番グリッドからスタートしたレッドブルのダニエル・リカルドはスタートで大きくジャンプアップし、一気にトップ10圏内にばん回してみせた。ところがリカルドは6周目にピットイン。トラブル発生によりそこでリタイアとなってしまう。

26周目にはルノーのニコ・ヒュルケンベルグにもエンジントラブルが発生。さらに32周目にはトロロッソのブレンドン・ハートレイのエンジンが火を噴くトラブルも発生。ここでVSC(バーチャルセーフティカー)が導入され、各ドライバーが一斉にピットに戻りタイヤ交換を行う。

その後、ルノーで2戦目を迎えたカルロス・サインツにもトラブルが発生するなど、ルノーPUを搭載した4台がこのレースでリタイアとなっている。

グリッド降格により18番グリッドからのスタートとなったフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)はこうしたチャンスを生かして徐々に順位を上げ、トップ10圏内に入ってくる。

■ベッテル4位フィニッシュでハミルトンの戴冠決定

その後、ベッテルは徐々に順位をばん回し、最終的には4番手まで上がるものの、それが今日の限界だった。最終的に9位まで順位を戻したハミルトンとのポイント差は56ポイントとなり、ここでハミルトンの通算4度目のF1ドライバーズタイトル獲得が確定した。

2番グリッドからスタートし、1周目にベッテルを攻略してトップに立ったフェルスタッペンはその後ライバルたちを寄せ付けない速さで独走状態となり、2位となったバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)に約20秒もの差をつけて先頭でチェッカーフラッグを受けた。

18番グリッドからのスタートとなり、ポイント獲得は難しいかと考えられていたマクラーレン・ホンダのアロンソが10位入賞で1ポイントを獲得。チームメートのストフェル・バンドーンは12位でレースを終えている。

■決勝トップ10ドライバー(暫定)

優勝/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2位/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
3位/キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5位/エステバン・オコン(フォース・インディア)
6位/ランス・ストロール(ウィリアムズ)
7位/セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
8位/ケビン・マグヌッセン(ハース)
9位/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
10位/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

次戦F1第19戦ブラジルGPは11月10日(金)の現地時間10時(日本時間21時)に開幕。決勝は11月12日(日)の現地時間14時(日本時間13日午前1時)にスタートする。

【関連記事】
●【クラッシュ画像】1周目、ハミルトンとベッテル接触でタイヤパンク!/F1メキシコGP
● 【屈辱の画像】ハミルトンに屈辱のブルーフラッグ/F1メキシコGP
●【レース速報】ハミルトン、4度目のF1ワールドチャンピオン獲得!イギリス人F1ドライバー歴代1位へ
●【動画】ルイス・ハミルトン、4回のワールドチャンピオンを振り返る映像
●【ランキング】2017年F1世界選手権チャンピオンシップ・ランキング

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック