ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「目標達成。良いスタートができればポイント獲得できる」

2017年07月30日(日)0:50 am

マクラーレン・ホンダはF1第11戦ハンガリーGP予選において、今季最高のポジションを獲得した。フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンは、ハンガリーGP(全70周)をそれぞれ7番手および8番手からスタートする。

●【予選結果】F1第11戦ハンガリーGP予選のQ1-Q2-Q3タイム、周回数

今日誕生日を迎えたアロンソは、今季最高タイとなる7番グリッドを獲得(バルセロナ戦でも7番手からスタート)。一方、8番手からスタートするバンドーンも、先日のイギリスGPに続いて今季最高のグリッドを獲得した。

フェルナンド・アロンソは、2台そろって予選トップ10を達成したF1第11戦ハンガリーGP2日目を次のように振り返った。

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-05

FP3:11番手 1分18.884秒 (+1.867秒) 14周
Q1:8番手 1分18.395秒 (オプション)
Q2:8番手 1分17.919秒 (オプション)
Q3:8番手 1分17.549秒 (オプション)
※ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)のペナルティによりアロンソは7番手スタートとなる。

「これまでのところチームにとってはポジティブな週末だ。

上位3チームが事実上、手の届かないところにいることは分かっていたので、7位と8位争いは今日の僕たちの最大の目標だったんだ。そして、本当にそうなり、明日そこからスタートできる。

土曜日には得られるポイントはないから、レースでこのポジションのままポイントを得られることを願っている。ポイントはチームにとって今すごく必要としているものだ。

レースペースは大丈夫だよ。ここは追い抜くのが難しいサーキットだ。タイヤは非常に安定しているし、デグラデーション(性能劣化)が少ないから、僕たちは良いスタートができれば、このポジションをキープする良いチャンスがあるはずだ。それが明日の目標だよ」。

●【予選Q3結果】マクラーレン・ホンダ、トップ10!フェラーリ1−2!
●【予選Q2速報】マクラーレン・ホンダ、2台ともQ3進出!/F1第11戦ハンガリーGP予選
●【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ2台ともQ2へ、ポール・ディ・レスタはまずまずのタイムもQ1落ち
●ホンダではなくフェラーリを選んだザウバー新代表、ホンダを使用しなかった理由は?

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック