ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】レッドブルと組むことは真の力を示すチャンス

2018年06月26日(火)16:19 pm

2019年からホンダPU(パワーユニット)を搭載することになるレッドブルだが、現時点では高級スポーツカーメーカーとして知られるアストンマーティンがタイトルスポンサーを務め、ルノーから供給を受けているPUにはタグホイヤーというブランド名が与えられている。

だが、少なくとも2019年にレッドブルが搭載するホンダPUにタグホイヤーというブランド名が施されることはなさそうだ。

■タイトルスポンサーのアストンマーティンは問題にならない

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅司は、レッドブルがアストンマーティンをタイトルスポンサーに持つことは問題にはならないと『Speedweek(スピードウィーク)』に次のように語った。

「アストンマーティンはスポーツカーに象徴されるが、それは我々のNSXモデルと重なるだけに過ぎない」

「このことに関しては取締役会レベルで話し合われたが、彼らも問題はないと考えている」

「実際のところ、かなり面白い話があるんだ。東京にある我々の本社の向かい側に最近新しいカーディーラーができたんだ。どのブランドだと思う?」

そう語った山本は笑いながら次のように付け加えた。

「アストンマーティンだよ!」

■レッドブルと組むことは大きなプレッシャーでもある

ともあれ、現在メルセデスやフェラーリとともに3強チームのひとつとなっているレッドブルと組むことはホンダにとっては名誉なことであるとともにさらに大きなプレッシャーを抱えることになるのも確かだ。

来季、アストンマーティン・レッドブル・ホンダはF1タイトルを狙えるかと質問された山本は次のように答えている。

「難しい質問だね。もちろん、それが最終的な目標であることは確かだ」

「メルセデスとフェラーリはまだ我々の前にいるし、我々としては自分たちのパフォーマンスを増強していかなくてはならない。レッドブルがF1において最高のシャシーを製造していることは誰もが知っている。そして今後は我々が彼らに可能な限り最高のエンジンを提供する必要がある」

そう語った山本は次のように付け加えている。

「私は取締役会にこう言ったんだ。レッドブル・レーシングは我々の本当の力を世界に示すチャンスになるとね。だが、そうするためには、開発を継続していくことが必要だよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック