ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【予選Q1速報】ハートレーとフェルスタッペン、まさかのQ1敗退/F1モナコGP

2018年05月26日(土)22:19 pm

F1第6戦モナコGPの予選Q1が行われた。

●【画像:予選結果】2018年F1第6戦モナコGP予選Q1-Q2-Q3のタイム差、周回数

トップタイムはダニエル・リカルド(レッドブル)、2番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。

フリー走行で好調だったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、フリー走行3回目のクラッシュの修復が間に合わずノータイムで終えている。

トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが9番手でQ2進出、フリー走行で好調だったブレンドン・ハートレーはトラフィックに引っかかり16番手でQ1敗退となった。

■【予選Q1落ち】F1第6戦モナコGP
16 ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
17 マーカス・エリクソン(ザウバー)
18 ランス・ストロール(ウィリアムズ)
19 ケビン・マグヌッセン(ハース)
- マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック