ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【予選レポート】ホンダはQ3に届かず ベッテルの連続ポールもストップ/F1スペインGP

2018年05月12日(土)23:46 pm

2018年F1第5戦スペインGPが5月12日(土)、バルセロナ-カタルーニャ・サーキット(1周4.655km)で2日目を迎え、現地時間15時(日本時間22時)から行われた予選でルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得した。今季2回目、通算74回目。

●【予選結果】2018年F1第5戦スペインGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数、タイヤ

セッション中の降雨確率が40%と予想される曇り空のもとでスタートすることになった予選だが、フリー走行3回目に大クラッシュを喫したトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーはクルマの修理が間に合わずに出走することができず、事実上19台での戦いとなった。

【予選Q1】ヒュルケンベルグがまさかの敗退

18分間で行われたQ1では、有力チームのドライバーが順当に好タイムを刻む中、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグのマシンに走行中に異音が発生するという問題が発生する。

ピットに戻って修理を行って再びコースに戻ったヒュルケンベルグは14番手タイムを刻む。だが、その後それまでノックアウトゾーンの16番手以下に位置していたフォース・インディアのエステバン・オコンとマクラーレンのストフェル・バンドーンが順位を上げ、ヒュルケンベルグは16番手に下がってしまう。

ところがQ1が終了時刻を迎え数人のドライバーが最後のアタックに入ったところでウィリアムズのランス・ストロールがスピンを喫してコース脇のグラベルにクルマを止めてしまう。ここで黄旗が振られてしまい、その時点でQ1の順位が確定した。今シーズンは前戦まで4レース連続でQ3に進出していたヒュルケンベルグだが、ここでまさかのQ1敗退となってしまった。

Q1でノックアウトされた16番手から19番手までのドライバーは以下の通り。
16番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、17番手マーカス・エリクソン(ザウバー)、18番手セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)、19番手ランス・ストロール(ウィリアムズ)。

Q1でトップタイムを刻んだのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。

【予選Q2】ホンダはQ3に届かず

15分間で行われるQ2が開始されると、メルセデス、フェラーリ、レッドブル、ハース勢はソフトタイヤでコースに向かう。予選Q3に進出したドライバーはQ2でベストタイムを刻んだときに使用したタイヤセットで決勝をスタートしなくてはならないことから決勝で戦略的に有利となるソフトタイヤスタートを目指すためだ。

ここでもフェラーリ勢がQ1に続いていいペースを示し、メルセデス勢を抑えて1-2を形成する。

一方、Q2での最初のアタックで15番手に沈んでいたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは一番軟らかいスーパーソフトタイヤで2回目のアタックに臨むが12番手まで順位を上げたものの、ここでQ2敗退が決まってしまった。このほかフォース・インディア勢やマクラーレンのストフェル・バンドーンがQ2敗退となる中、地元スペイン出身のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が10番手となり今季初のQ3進出を確定させた。

Q2でノックアウトされた11番手から15番手までのドライバーは以下の通り。
11番手ストフェル・バンドーン(マクラーレン)、12番手ピエール・ガスリー(トロロッソ)、13番手エステバン・オコン(フォース・インディア)、14番手シャルル・ルクレール(ザウバー)、15番手セルジオ・ペレス(フォース・インディア)。

予選Q2でもベッテルがトップタイムを刻んでいる。

【予選Q3】ベッテルの4戦連続ポールならず

12分間で戦われたQ3では、各ドライバーが予選指定タイヤであるスーパーソフトで最初のアタックに臨む。するとここで2016年と2017年に2年連続でスペインGPポールシッターとなったハミルトンがペースアップ。1分16秒491の暫定ポールタイムを刻む。

2番手3番手にはレッドブルのフェルスタッペンとリカルド、4番手にバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続き、Q2まで強さを見せていたベッテルは5番手、小さなミスを犯したライコネンは7番手で最初のアタックを終えてしまう。

そしてQ3最後の戦いが開始されると、フェラーリの2台とリカルド、アロンソはソフトタイヤでアタックに臨むという作戦に出る。

だが、定石通りスーパーソフトタイヤを履いたハミルトンが自分の暫定ポールタイムを更新し、ボッタスも大きくタイムを改善。ベッテルとライコネンも自己ベストを更新する走りを見せたもののメルセデス勢には届かず3番手4番手に終わった。

この結果、ハミルトンが3年連続でスペインGPのポールポジションを獲得。今季第2戦以降続いていたベッテルの連続ポール獲得は3でストップした。

■予選トップ10ドライバー

ポールポジション/ルイス・ハミルトン(メルセデス) 1:16.173
2番手/バルテリ・ボッタス(メルセデス) 1:16.213
3番手/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:16.305
4番手/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:16.612
5番手/マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1:16.816
6番手/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:16.818
7番手/ケビン・マグヌッセン(ハース) 1:17.676
8番手/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:17.721
9番手/カルロス・サインツ(ルノー) 1:17.790
10番手/ロマン・グロージャン(ハース) 1:17.835

F1スペインGP決勝は、明日の日本時間22時10分にスタートする。

●【動画】F1第5戦スペインGP 予選ハイライト動画

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック