ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】優勝したトヨタのタナック「チームに感謝。クルマは急速に進化し自信を持って走れた」

2018年04月30日(月)18:40 pm

4月29日(日)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンティーナの競技最終日デイ4がビジャ・カルロス・パスの西南エリアで行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が今シーズン初優勝を果たした。また、ラリー・アルゼンティーナ初出場だったエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)は、総合8位でフィニッシュした。

■オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

このチームで最初の優勝を飾ったことに特別な思いを感じます。

改善を重ねた結果クルマは急速に進化し、現在は完全に私が望む状態に仕上がり、確固たる自信を持って走ることができています。また、チームが私をしっかりと支え続けてくれることに心から感謝しています。

この難しいラリーで初めて優勝でき、とても満足していますが、決して簡単なラリーではありませんでした。 序盤はかなり激しく攻め2位との差が大きく広がったので、以降はペースをうまくコントロールすることができました。

そして今日は、さらに余裕を持った走りをしました。すべてが良い方向に向かっており、上位との選手権のポイント差も縮まってきています。シーズンはまだ長いので、次戦以降も今回と同じように戦い続けたいと思います。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック