ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【F3世界一決定戦】マカオGP、全22台中、日本人は7名が挑戦

2017年10月25日(水)2:38 am

F3世界一決定戦とも言えるマカオGP。FIA(国際自動車連盟)はF3ワールドカップ『第64回マカオGP(2017年11月16日〜19日)』のエントリーリストを発表した。

挑戦者には、マクラーレンの次期ドライバーとも呼び声が高いヨーロッパF3チャンピオンのランド・ノリス、元F1王者ミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハ、同じく元F1王者ネルソン・ピケの息子ペドロ・ピケなど全22名が出場予定だ。

日本人は7名が挑戦する。全日本F3からは坪井翔、山下健太、宮田莉朋、DRAGON(組田龍司)が、ヨーロッパF3からはホンダの育成ドライバー牧野任祐、そして佐藤万璃音が、さらにスーパーフォーミュラでも注目を集めている関口雄飛がエントリーしている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック