ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【マクラーレン・ホンダ】スペック3投入でマクラーレンが変わった?プロジェクト継続を示唆

2017年07月09日(日)23:58 pm

マクラーレン・ホンダは困難な"結婚生活"期を迎えていたが、プロジェクトは今や軌道に乗っているようだ。

最近の報道では、マクラーレン・ホンダの"離婚発表"が差し迫っていることを示唆していたが、ホンダがより強力な「スペック3」パワーユニットを正式に提供したオーストリアGPでは、マクラーレン側が突然変化を見せた。

「スペック3」はフェルナンド・アロンソのマシンでは故障してしまったが、不思議と満足している様子だった。

アロンソは次のように語っていた。

「このグリッドポジションなら、ポイント圏内に入ることができるよ」

「僕たちは絶えず改善しているんだ。チームは常にエアロパーツを持ち込んでおり、ホンダはエンジンをアップグレードしている。僕たちは正しい方向に進んでいるが、信頼性が欠けているだけだ」

■マクラーレン、ホンダ、メルセデス、三者が否定

マクラーレンのエリック・ブーリエ、長谷川祐介ホンダF1プロジェクト総責任者、メルセデスのトト・ヴォルフの3名はFIAの記者会見で一緒に座り、来年はマクラーレン・メルセデスになるという噂も全員が否定していた。

メルセデスのニキ・ラウダ会長も「我々がエンジンを提供し、既存の契約に介入すれば、ホンダは私たちを訴えることができるんだ」と述べている。

■デッドラインを延長か?

しかし、マクラーレンがホンダに課したデッドラインは存在し、まだ続行中というレポートもある。

スペインのスポーツ新聞『Marca(マルカ)』によると、マクラーレンのエグゼクティブであるザック・ブラウンは次のように述べたという。

「2018年には競争力のあるエンジンが必要だ」

「ホンダは仕事を進めており、我々は彼らに改善の余地を与えたい。我々は彼らから良い反応を見てきたんだ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック