インディ500:アロンソ、車載映像

【事故続報】ニッキー・ヘイデン、「重度の脳傷害」を伴う「極めて重大な」状態

2017年05月19日(金)6:31 am

元Moto GP王者のニッキー・ヘイデン(レッドブル・ホンダ)は17日水曜日、サイクリング中に自動車事故に遭い、「重度の脳傷害」を伴う「極めて重大な」状態にあることが最新の情報として確認された。

2006年MotoGP世界チャンピオンのヘイデンは、2016年からスーパーバイク世界選手権に移籍し、今シーズンもスーパーバイク選手権でチャンピオンを狙って戦っていたが、今週水曜日、アドミラル海岸沿いのイタリア・リミニ市(Rimini)でサイクリング中に自動車事故に遭った。

ヘイデンが所属するレッドブル・ホンダ(Red Bull Honda)チームが発表した声明によると、最初はリミニ近くの病院に運ばれ、その後、チェゼーナのマウリツィオ・ブファリーニ病院(Maurizio Bufalini Hospital)に移されたことを明らかにした。

スーパーバイク世界選手権とMotoGPの両方が木曜日の午後に情報をアップデートするまで、集中治療室に入っているということ以外、ヘイデンの状態についてコメントはなかった。

MotoGP公式ウェブサイトには「ニッキー・ヘイデンの状況は非常に深刻なままである」との声明が掲載されている。

「彼は、チェゼーナのブファリーニ病院の集中治療室に入っており、深刻な外傷を負って重大な脳傷害を受けています」

「予後は不明のままです」

ヘイデンの婚約者ジャッキーと、アメリカから到着した兄弟のトミーと母ローズが付き添っている。

●【ホンダ】交通事故に遭ったニッキー・ヘイデンに関する声明を発表

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック