ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【車載動画】ベッテル、2年ぶりのスーパーポールラップ、昨年より3秒短縮/F1ロシアGP

2017年04月29日(土)23:00 pm

4月29日(土)、2017年F1第4戦ロシアGPの予選Q3が行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分33.194秒でポールポジションを獲得した。ベッテルは今季初、通算47回目で、2015年F1シンガポールGP以来のポールポジションだ。

●【予選結果】F1ロシアGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

また、フェラーリが予選で1-2を獲得したのは、2008年F1フランスGP以来となった(当時の予選1位キミ・ライコネン、2位フェリペ・マッサ)。

幅広く、低くなった新F1カーの速さは驚くべきものだ。テレメトリーデータの不具合によりメーター類の表示がされなかったのは残念だが、各コーナーでの速さはよく伝わってくる。

参考までに、昨年のポールポジションを獲得したニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)の予選タイムは1分36.417秒で、ベッテルは3.223秒も縮めている。

●【車載動画】ベッテル、2年ぶりのポールポジションラップ(1:52)[F1.comへ]

●参考:【車載動画】2016年F1ロシアGP、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)のポールポジションラップ(1:45)[F1.comへ]

●【予選結果】F1ロシアGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック