マクラーレン・ホンダ、続行に光

【動画】0.0528秒差・・・佐藤琢磨、最終ラップの最終コーナー立ち上がりでチームメートと加速勝負

2017年03月15日(水)1:21 am

2017年のインディカー・シリーズがフロリダ州にあるセント・ピーターズバーグで開幕し、Honda陣営のセバスチャン・ブルデー(Dale Coyne Racing)が勝利を飾った。

■アンドレッティ陣営は0.0528秒差で4位・5位フィニッシュ

4、5位でフィニッシュしたのはAndretti Autosportのライアン・ハンターレイと佐藤琢磨だった。

ハンターレイはスタート直後にピットストップを行って最後尾までポジションを下げたが、目覚しい走りでライバルたちを次々とパスし、最終ラップにはチームメートの佐藤琢磨をかわして、0.0528秒差で4位を獲得した。

佐藤はAndretti Autosportでの初レースで予選5番手という結果を掴み、レースでもトップ3を狙えるだけのスピードと安定感のある走りを披露し、5位というリザルトを残した。

Hondaドライバー4人がトップ5でのゴールを達成。トップ10には実に7人のHondaドライバーが入り、幸先がいいスタートとなった。

わずか0.0528秒差でのフィニッシュとなった佐藤琢磨。観客席で観戦していたファンが、佐藤琢磨とライアン・ハンターレイの最後の勝負の様子を撮影しTwitterに公開。それをアンドレッティが紹介した。

あと数メートル、フィニッシュラインが手前だったら、琢磨が4位だったのがよくわかる。とはいえ、これにレース。今シーズンの佐藤琢磨の活躍に期待が高まる。

■ファン撮影の動画をアンドレッティが紹介。佐藤琢磨、最終ラップの最終コーナー立ち上がりでチームメートに惜敗(12秒)

■ハイライト動画:セント・ピーターズバーグ(34分22秒)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック