バーニー、マクラーレンを批判

サインツ「アロンソがいなければ今の自分はなかった」

2017年01月12日(木)18:15 pm

カルロス・サインツ(トロロッソ)が、今の自分があるのは同郷スペイン出身の先輩F1ドライバーであるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のおかげだと語った。

■フェルスタッペンに先を越されたサインツ

レッドブルのドライバー育成プログラムに所属し、2015年にジュニアチームのトロロッソからF1を飾ったサインツだが、2016年シーズンには悔しい思いも味わっていた。

それは、同じ2015年にチームメートとしてF1デビューを飾ったマックス・フェルスタッペンが第5戦スペインGPからレッドブルに昇格したことだ。腕では決して3歳年下のフェルスタッペンにひけをとらないと自負しているサインツだが、レッドブルでは当面ダニエル・リカルドとフェルスタッペンのコンビを継続するとも公言しており、サインツが近い将来レッドブルに移籍できる可能性はかなり小さくなってしまっている。

■他チームへの移籍も考えていたサインツ

こうしたことから、サインツには2016年シーズン限りでレッドブルを離れ、ほかのチームへの移籍を目指すのではないかとのうわさもささやかれ、事実、ルノーとかなり突っ込んだ交渉を行っていたことが明らかとなっていた。さらに、2016年のF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグが電撃的に引退したことを受け、2017年のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の有力なチームメート候補としてサインツの名前もうわさされていた。

だが、結局レッドブルはサインツ放出を望まず契約延長オプションを行使。サインツは2017年もトロロッソで3年目のシーズンを迎えることになっている。

■2016年は重要な年だった

しかし、サインツは母国スペインのテレビ局『Antena 3(アンテナ3)』に対し、実際のところ2016年シーズンは自分のキャリアにおいて非常によい年だったと次のように語った。

「すごくいい年だったよ。すべてが非常にうまくいったし、2016年には自分の競技キャリアにおいてすごく重要な前進を果たすことができた」

■アロンソとは15歳のころからのつきあい

22歳のサインツはさらに、自分がF1でこれほどうまくやれているのは、友人でもあるアロンソのおかげだと次のように続けた。

「フェルナンドは僕が15歳だったころから指導してくれていたんだ。それにすごく助けられたよ。彼がいなかったら、恐らく僕は今ここにいなかったかもしれないね。彼には大きな恩があるよ」

■父親は今も現役ラリードライバー

もちろん、サインツがモータースポーツの世界に足を踏み入れたのには同じ名前を持つ父親の影響も小さくはないはずだ。サインツsnr.は、かつて世界ラリー選手権(WRC)で通算26勝を挙げ、2度タイトルを獲得した伝説的ラリードライバーだ。そのサインツsnr.は今年のダカール・ラリーにも参戦していたが、5日(木)に大きなクラッシュを演じてクルマを大破させてしまっていた。

息子のサインツもこの知らせには非常に驚き、心配したという。だが、その後父親と電話で話した際にけがはしていないと伝えられて安心したと『Antena 3(アンテナ3)』に語っている。

■2017年に必要なのは筋力

サインツは最後に、シャシーやタイヤに関するレギュレーションが大きく変わる2017年シーズンに向けては、コーナリングスピードの上昇などに備えてさらに身体的な鍛錬が必要となるため、現在懸命にトレーニングに励んでいるところだと次のように付け加えた。

「だから、大みそかには以前と同じようにパーティーで騒ぐこともできなかったよ。だけど、時にはそういう犠牲を払うことも必要だからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック