2017年F1カーナンバー表

フェリペ・ナッセ「シート獲得に向けて頑張り続ける」

2016年12月28日(水)17:15 pm

今年限りでF1シートを失う可能性が高いと考えられているフェリペ・ナッセ(ザウバー)だが、まだ2017年のシート獲得に向けて頑張り続けるつもりだと主張した。

■2017年にはブラジル人ドライバー不在に?

現在、2016年限りでのF1引退を発表していたフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が2017年も現役を継続することになるかもしれないと言われている。突然引退を発表したニコ・ロズベルグの後任としてバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)がメルセデスAMGへ移籍する可能性が高いと言われており、ウィリアムズがマッサの引退撤回を望んでいるためだ。

だが、もしマッサが引退を撤回せず、ナッセもシートを失うということになれば、2017年にはブラジル人F1ドライバーが誰もいなくなることになる。

「それはこのスポーツにとってはよくないことだと思うんだ」

母国ブラジルの『Globo(グローボ)』にそう語ったナッセは、次のように続けた。

「ブラジルはF1に多くの歴史を有している。だけど、僕はそう(ブラジル人ドライバー不在)なるとは思っていないよ。常にリスクはあるけれどね」

「僕はグリッドにつきたいと思っているし、そのために頑張っているよ」

■スポンサーを失い厳しい状況のナッセ

だが、これまではブラジル銀行という大口スポンサーをバックにザウバーで走っていたナッセだが、ブラジル銀行がザウバーのスポンサーを降りることが明らかとなっている。

新オーナーの登場によりチーム解散危機は免れたと言われているザウバーだが、スポンサーマネーを持ち込めないドライバーと契約するほどの余裕はないと考えられている。ナッセがかなり厳しい状況に置かれているのは確かだ。

■ロズベルグの突然の引退がチャンスに?

だが、2016年のF1第20戦ブラジルGPで9位入賞を果たし、ザウバーにコンストラクターズランキング最下位を抜け出す2ポイントを持ち帰ったナッセは、シーズン後に2016年のF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が突然引退発表を行ったことで自分のチャンスも少し膨らんだと考えている。

「1年のこの時期においてかなり多くの空席が残っているのはF1ではほとんどないことだ。僕としては、どれだけ交渉を続け、シートを見つけるよう頑張れるかだと思っているよ」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック