マクラーレン・ホンダ、続行に光

ロズベルグ「ハミルトンとの逸話は本にできるほどある」

2016年12月28日(水)16:48 pm

2016年のF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグが、タイトル争いの最大のライバルであった元チームメートのルイス・ハミルトンに対して反論を行った。

■タイトル連覇を逃したのはチーム再編のせいだとハミルトン

3年連続で4回目のF1タイトル獲得を目指していたハミルトンだったが、2016年にはチームメートのロズベルグにタイトルを奪われてしまった。

ハミルトンは、そうなってしまった原因のひとつにはチームが2016年シーズン開幕前に、ハミルトンとロズベルグの担当エンジニアやメカニックの組み合わせを見直し、新チーム体制としたことがあったと主張している。それまで2年間共にタイトルを獲得してきた息の合ったチームメンバーが再編されてしまったことがパフォーマンスに大きな影響を及ぼしたというわけだ。

■ハミルトンとのこういう話は山ほどあるとロズベルグ

だが、2016年に初めてハミルトンを破ってタイトルを獲得し、その直後に電撃的に引退を発表したロズベルグは、『Frankfurter Allgemeine Zeitung(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)』に次のように語った。

「僕だってメカニックたちを失ったんだ。そして僕だって彼(ハミルトン)がメルセデスAMGで始めたときに2人のエンジニアを彼に譲らなくてはならなかったんだからね」

ロズベルグは、これもしばしばとげとげしいものとなることがあったハミルトンとの関係を示すひとつのエピソードでしかないし、外部の人たちが知らないこともまだたくさんあるのだと次のように付け加えた。

「本当にそうなんだ。そのほかのことについて本に書けるほどだよ。ひょっとしたら、いつか書くかもしれないけれどね。ばかばかしくて面白い話がものすごくたくさんあるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック