【4PU比較】ホンダは死んだ音

フェリペ・マッサ、引退撤回を明言せず

2016年12月22日(木)16:42 pm

フェリペ・マッサが、F1引退を撤回し2017年もウィリアムズで走ることになったと報じられていることに対し、具体的なコメントを行おうとはしなかった。

■フェリペ・マッサ、ウィリアムズ復帰へ合意 ボッタスはメルセデスへ

2016年のF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグが突然のF1引退を発表したことから、メルセデスAMGでは急きょ2017年にルイス・ハミルトンのチームメートとなるドライバーを探さなくてはならない状況となっている。

■マッサの引退撤回が確定との報道も

そして、メルセデスAMGではウィリアムズのバルテリ・ボッタスに白羽の矢を立てたものの、ウィリアムズ側ではマッサが引退を取りやめてもう1年チームにとどまるようなことがない限り、ボッタスの放出は難しいという姿勢を崩していないと伝えられている。

伝えられるところによれば、メルセデスAMGではウィリアムズに対し、もしボッタスの移籍を了承してくれればパワーユニット供給費用を大幅に値引きするという条件を提示していると言われている。

こうした中、マッサがウィリアムズと年俸600万ユーロ(約7億3,600万円)で合意し、2017年もウィリアムズで走ることになったとの報道も行われている。

■現時点では「何も言うことはない」とマッサ

だが、現在休暇を楽しんでいるマッサは、母国ブラジルの『Globo(グローボ)』が行った電話取材に対し、次のように答えた。

「僕には何も言うことはないよ。僕は今すごく穏やかに過ごしているし、そういうこと(うわさ)に加わりたくはないんだ。ここまでに伝えられていることはすべて公式なものではないよ」

メルセデスAMGではロズベルグの後任ドライバーに関しては、年内に発表することはないとしており、マッサの件も含めて全容が明らかになるのは年が明けてからということになりそうだ。

前後の記事
[Ads]
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック