ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ミハエル・シューマッハの家族、非営利“Keep Fightingイニシアチブ”を起ち上げ

2016年12月18日(日)9:22 am

2013年12月29日。あの日から3年が経とうとしている2016年12月17日、ミハエル・シューマッハの家族は、「決して諦めない」ことを世の中に広めていきたいという思いから、非営利活動『Keep Fighting Initiative(キープ・ファイティング・イニシアチブ)』を新しいウェブサイトやSNSで起ち上げ、次のように発表した。

■Keep Fighting Initiativeとは

『Keep Fighting Initiative(キープ・ファイティング・イニシアチブ)』は、家族の代理として、ミハエル・シューマッハのオフィス『MS Office』と#TeamMichaelによって管理される。『MS Office』マネージング・ディレクターを務めるザビーネ・ケーム氏は、『Keep Fighting Initiative(キープ・ファイティング・イニシアチブ)』の目的を次のように述べている。

「これは将来的にうまくいくことを望むための第一歩です。“Keep Fightingイニシアチブ”の意図は、諦めることは選択肢ではない、という信念を広めることです。これは、モーターレーシングに限ったことではありません。このようにして、シューマッハの家族全員に影響を与える恐ろしい出来事を、ポジティブなものにすることを願っています」

■僕は決して諦めない

妻のコリーナ・シューマッハは「他の人たちが決して諦めないように励ましたい」とのメッセージとともに、夫であるミハエル・シューマッハの2007年の次のような言葉を紹介している。

「僕はいつも、どんな時でも決して諦めてはいけない(never, ever give up)と信じてきた。ほんのわずかなチャンスでも常に戦い続ける(keep fighting)べきだ」(ミハエル・シューマッハ、2007年)

■「戦い続ける」、「決して諦めない」

サイトには次のように書かれている。

「『戦い続ける(Keep Fighting)』と『決して諦めない(Never give up)』は、ミハエル・シューマッハに影響を受けた、新しい非営利イニシアチブの重要なメッセージです。『Keep Fighting』は、世界中から善意を受けた7度のF1世界チャンピオンと家族によって、ポジティブなエネルギーにつなげようとしています」

また「この取り組みは、ミハエルのファンに対する敬意と感謝の象徴でもある」とファンへの感謝を述べている。

■主な活動計画

この活動計画として、ドイツ・マールブルクでの『ミハエル・シューマッハ展覧会』、『チャンピオンズ・フォー・チャリティー』というサッカーの試合、そしてモーターワールド・ケルンでの『ミハエル・シューマッハ・プライベート・コレクションの展示』(計画段階)などが含まれる。

www.keepfighting.ms
facebook
Twitter
Instagram

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック