【P2セクター別スピード】

「ルールが同じなら勝者も同じだ」とレッドブル首脳

2016年01月28日(木)19:29 pm

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであり、ドライバー育成責任者でもあるヘルムート・マルコが、2016年もメルセデスAMGが圧倒的に強いという状況に変化はないだろうと語った。

■メルセデスAMG独走はまずいとエクレストン

過去2年にわたってメルセデスAMGが圧倒的な強さを見せつけたF1だが、F1最高責任者のバーニー・エクレストンはそれがF1人気を下げるひとつの要因となっていると考えている。

先週、オーストリアで行われたスキーのワールドカップを視察していたエクレストンは、メルセデスAMGが勝ち続けることは「彼らにとっても、ファンにとっても、誰にとってもよくないことだ」と語っていた。

■ルールが変わらない限り追いつくのは難しい

だが、マルコは『Salzburger Nachrichten(ザルツブルガー・ナッハリヒテン)』に次のように語った。

「もし、何か変わったことでも起きない限り、いつものようにメルセデスAMGの強さを見せつけられることになるだろうね」

「残念ながら、現在のレギュレーションは非常に制約が多いから、後方から追いつくことはできないよ」

■エンジンルールそのものを見直すべき

レッドブルでは今年もルノーからパワーユニットの供給を受け、それにタグ・ホイヤーのロゴを施して使用することになっている。だが、マルコは現在のエンジンルールはまったく新しいものへと変えたほうがよいと次のように続けた。

「我々には巨大なパワーと音を発生するエンジンが必要なんだ」

「そして、実際にアクセルペダルを踏むドライバーが決め手とならなくてはいけない。背後にいるエンジニアたちではなくてね」

■メーカー系チームが政治力を持つ現在のF1

マルコは、現在のF1においては、大規模自動車メーカーの持つ政治力が、統括団体などのそれを上回ってきていると考えている。

「権力は、チームではなくFIA(統括団体である国際自動車連盟)とFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント/エクレストン率いるF1商業権管理会社)が持つべきだよ」

そう語ったマルコは、そうした自動車メーカー系チームの政治力によって、「我々のようなチームはエンジンが決まらないまま雨の中に取り残されたようなものだった」と付け加えた。

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック