ホンダ最高速、セクター3で0.7km/h差

ベルガー「勝者が分からない、弾丸のようなF1復活を!」

2016年01月15日(金)19:40 pm

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーが、今のF1は昔ほどワクワクするようなものではなくなってしまったと語った。

オーストリアのキッツビューエルにあるスキー場で行われたレッドブルのイベントに参加していたベルガーは、『motorsport-magazin.com』に次のように語った。

「ああ、F1はちょっと難しい時期を迎えているね」

「ひとつには、メルセデスAMGが強すぎるという状況がある。もちろん、宿題をうまくやり遂げ、うまく力を発揮している者は称賛に価するし、その報いを得られて当然だ」

だが、かつてマクラーレンやフェラーリで活躍した56歳のベルガーは、今のF1にはかつてほどの興奮が失われてしまっていると次のように続けた。

「私の時代には、第1コーナーを過ぎただけでは、誰がそのレースで勝利を手にするのかは分からなかったものだ。(今は)何も問題が起こらず、(メルセデスAMGの)ハミルトンかロズベルグが最初のコーナーを先頭でぬければ、彼がそのレースに勝ってしまうんだ」

「私の時代には、燃料切れを起こしたり、ギアボックスが壊れたり、誰かのエンジンが故障したりしていたものだ。どうなるかなんて誰にも分からなかった」

そして、現在のF1が「ショー」としての精彩を欠いた理由がほかにもあるとベルガーは続けた。

「私の時代には、ドライビングでミスを犯せば致命的だった。バリアに突っ込むか、あるいは少なくともグラベルにつかまってしまうことになったからね。今日ではランオフエリアが舗装されているし、運がよければ順位を失うことなくコースに戻ることすらできる」

さらに、ベルガーに言わせれば、今日のクルマは以前とはまったく違うものになっているという。

「我々は1,300馬力か1,400馬力を、オートマチックトランスミッションも、電子的な補助システムも、今日のような空力の助けもない状態で操っていたんだ」

「現在のF1カーは850馬力だが、今では市販車にだって850馬力か、あるいはそれ以上のパワーを持つスポーツカーがある」

マクラーレン在籍時代には、伝説的なF1ドライバーであったアイルトン・セナのチームメートを務めていたことでも知られるベルガーは、現在では本当にヒーローと呼べる存在がいるとすれば、それはMotoGP(世界二輪選手権)だけだと思うと次のように付け加えた。

「160kgの車体と270馬力のパワーで繰り広げられる見応えのあるレースを見れば、まさに弾丸に乗ってレースをしているようなものだということが分かる。F1もそういう形に戻すべきだよ。そうなればドライバーの腕が重要な要素となるし、それをマスターできるのは3、4人かせいぜい5人くらいだろう」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック