ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE第3戦決勝】5番手スタートのブエミが逆転優勝 通算5勝目を達成

2015年12月20日(日)5:06 am

フル電動フォーミュラカーによる世界選手権「フォーミュラEシリーズ」セカンドシーズン第3戦プンタ・デル・エステePrixが19日(土)に開催され、現地時間16時(日本時間20日午前4時)から行われた決勝でセバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)が優勝を飾った。今季2勝目、通算5勝目。

第3戦の舞台となったウルグアイのリゾート地プンタ・デル・エステに設けられたコースは、海岸線に沿って走る道路を利用して設けられており、海風が運んでくる砂の影響を受けて路面がかなり滑りやすくなるのが特徴となる。

コーナー数は全部で20。全長2.785kmのコースは、レイアウト的にはF1でおなじみのモンテカルロ市街地コースに似たようなイメージだが、今年は第1コーナーが昨年とは少し違うレイアウトとなっている。

本来、10チームから20台が出走することになっているフォーミュラEだが、元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリが率いるスイス国籍のトゥルーリ・フォーミュラEチームがシリーズ参戦を取りやめることになったため、今シーズンは9チーム18台によって選手権が争われることになった。

また、予選でウォールに激しくクラッシュしたジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)だが、本人にけがはなかったもののクルマの修復が間に合わず、決勝は欠場となった。このため、第3戦決勝は17台による戦いとなった。

また、マヒンドラのニック・ハイドフェルドは第2戦で負った左手首の負傷により欠場となり、今回はイギリス人若手ドライバーのオリバー・ローランドが出走した。

33周で行われた決勝レースは、ポールからスタートしたジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)はその位置をキープするものの、3番手スタートのサム・バード(DSヴァージン)がロイック・デュバル(ドラゴン)をかわして2番手に上がる。

5番手スタートのセバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)もスタートでひとつ順位を上げると最速ラップタイムを記録しながら追い上げを開始。3周目にデュバルを追い抜いて3番手に上昇。5周目にはバードをかわして2番手まで順位アップを果たす。そして8周目にブエミがついにダンブロシオをとらえ、トップに躍り出る。

17周目、18周目にフォーミュラE独特のルールであるクルマ交換のために各ドライバーがピットインを行う。このピットストップでドラゴン勢が順位を落とし、ディ・グラッシが2番手に上がる。

19周目にバードがコース上で突然ストップ。バードはここでリタイアとなるが、このバードのクルマを撤去するためにフルコースイエローに。

21周目にグリーンフラッグが振られ、ブエミ、ディ・グラッシ、ダンブロシオ、デュバル、ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)のトップ5が接近した状態でレースが再開される。その後、ブエミとディ・グラッシの2台が後続に差をつけ、激しいトップ争いを繰り広げるが、ブエミが徐々にディ・グラッシとの差を開いていく。

結局、ブエミがリードを保ったまま先頭でチェッカーを受け、開幕戦に続き今季2勝目をあげた。2位はディ・グラッシ、3位はダンブロシオだった。

8番手からスタートしたチームアグリのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが2つ順位を上げ、第2戦に続いて6位入賞を果たした。

終盤、最後尾からスタートし順位を上げてきたジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)と初代チャンピオンのネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)が激しく7位争いを展開。だが最終ラップにピケJr.がクラッシュを喫し、ベルニュが10ポジションアップの7位でレースを終えている。

■第3戦プンタ・デル・エステePrix決勝結果(暫定)
1 セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)
2 ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)
3 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
4 ロイック・デュバル(ドラゴン)
5 ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)
6 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)
7 ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)
8 ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)
9 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
10 ロビン・フラインス(アンドレッティ)
11 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)
12 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
13 オリバー・ローランド(マヒンドラ)
14 ナタナエル・ベルトン(チームアグリ)
15 ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)
16 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
17 サム・バード(DSヴァージン)

フォーミュラE第4戦ブエノスアイレスePrixは2016年2月6日(土)に行われる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック