ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE速報】ブエミが逆転タイトルに向けポール獲得/第10戦予選

2015年06月27日(土)21:10 pm

フォーミュラEシリーズの第10戦予選がロンドンで27日(土)の12時(日本時間20時)に行われ、セバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)がポールポジションを獲得した。

■【ポイント】最終戦R10&R11ロンドン大会前のポイントランキング

これまで世界9都市でレースを展開してきたフル電動フォーミュラカーによるファーストシーズンもいよいよ今週末が最終戦となり、今日の第10戦と明日28日(日)に連続して行われる第11戦で初代チャンピオンが決定されることになる。

今回のレースの舞台となるのは、ロンドンの中心部にあるバタシーパーク内に設けられた17のコーナーを持つ全長2.925kmの特設サーキット。コース幅は狭く、抜きどころはほとんどないコースだ。

今週末は、日本チームであるアムリン・アグリから元F1ドライバーの山本左近が出走するのを始め、インディカーに参戦している女性ドライバーのシモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)や、F1のマクラーレンでテストドライバーを務めるオリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)、そして最近マノー・マルシャと控えドライバー契約を結んだファビオ・ライマー(ヴァージン)などが参戦するのも注目ポイントとなる。

4グループに分けて行われた予選では、まず第1グループでランキング2番手のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)がトップタイムを刻む。第2グループではこれまで3度ポールポジションを獲得しているジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)がグループ最速タイムを刻むも、ディ・グラッシのタイムを上回ることはできなかった。

山本が登場した第3グループは全体的にタイムが伸びず、このグループでトップタイムを刻んだニック・ハイドフェルド(ベンチュリ)も全体では8番手にととまる。5年ぶりにレース復帰した山本はこのグループ最下位でセッションを終えた。

第4グループには現在ランキングトップのネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)、同3位のブエミが登場。ピケJr.のタイムが今一つ伸び悩む中、ブエミが全体最速タイムを刻み、今季3度目のポールポジションを獲得した。

ランキング5位のジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)がブエミに次ぐ2番手グリッドを獲得。ディ・グラッシがそれに次ぐ3番手から、その後ろ4番手からピケJr.が決勝をスタート。期待の山本は18番手からのスタートとなった。

■フォーミュラE第10戦予選結果<暫定>
1 セバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)
2 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
3 ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)
4 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)
5 ジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)
6 ニコラ・プロスト(eダムス・ルノー)
7 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
8 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
9 サム・バード(ヴァージン)
10 サルバドール・デュラン(アムリン・アグリ)
11 ロイック・デュバル(ドラゴン)
12 ニック・ハイドフェルド(ベンチュリ)
13 ダニエル・アプト(アウディ・スポーツ・アプト)
14 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
15 ヤルノ・トゥルーリ(トゥルーリ)
16 カルン・チャンドック(マヒンドラ)
17 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)
18 山本左近(アムリン・アグリ)
19 アレックス・フォンタナ(トゥルーリ)
20 ファビオ・ライマー(ヴァージン)

現在ランキングトップにはここまでに128ポイントを稼いでいるピケJr.がつけ、それを111ポイントのディ・グラッシや108ポイントのブエミが負う展開となっている。数字的には4番手のプロストや5番手のダンブロシオまでチャンスは残されているが、現実的には上位3人の争いとなりそうだ。

1回目の練習走行でターン1に大きなバンプがあり、クルマが大きく飛び跳ねて危険であると指摘されたことで、2回目の練習走行時からターン1に急きょコース幅を狭くして減速させるためのバリアが設けられるというハプニングが発生。また、これにレース開始時のリスクを排除するために、決勝では通常のスタンディングスタートではなく、セーフティカー先導によるローリングスタートが採用されるとともに、このターン1での追い越しは禁止となる。

フォーミュラE初シーズン第10戦決勝は、このあと24時にスタートする。

■【オンボードカメラ】山本左近や各ドライバーのオンボードカメラ切り替え、ライブタイミング、コースマップなど

■【公式サイトでファンブースト投票】山本左近を応援してファンブーストを!

■【ファンブースト日本語解説】テレビ朝日によるファンブースト投票方法

■【ポイント】最終戦R10&R11ロンドン大会前のポイントランキング

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック