マクラーレン・ホンダ、続行に光

室屋義秀、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2014に参戦

2014年01月21日(火)16:19 pm

今年再始動した世界最速のモータースポーツ Red Bull Air Race World Championship 2014(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2014)に室屋義秀が参戦する。

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップとは、世界トップクラスのパイロットたちが、技術、体力、精神力の限りを尽くして競う、世界最速のレース。軽量で機動性に優れるレース用飛行機を使用し、空気で膨らませた高さ約25mのパイロン(エアゲート)で構成するスラローム・コースを、決められた順序と飛行方法に沿って次々と通過してタイムを競う、3次元で繰り広げられる激しく過酷なレースです。3年前と比べ、ルールや安全面で改良が加えられているが、空を舞台にした世界で最もスリルに満ちたモータースポーツであることに変わりない。

室屋は、エアショー、レッドブル・エアレースパイロット。国内ではエアロバティックス(曲技飛行)のエアショーパイロットとして全国を飛び回る中、全日本曲技飛行競技会の開催をサポートするなど、世界中から得たノウハウを生かして安全推進活動にも精力的に取り組み、スカイスポーツ振興のために地上と大空を結ぶ架け橋となるべく活動中。また、地元福島の復興支援活動やプロジェクトにも積極的に参画している。

2009年にアジア人として初めてレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに参戦した室屋は、翌年も参戦。2011年から2013年はレッドブル・エアレースが開催休止になったが、復活する今年も参戦することが発表された。今年は、2月28日(金)にアブダビで開幕する。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック