ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

キッザニア、消費増税後に入場料改定、英語によるグローバル人材育成を加速

2013年12月26日(木)16:22 pm

こども向けの職業・社会体験型施設「キッザニア」が、2014年4月1日の消費税率改正後に、「キッザニア東京」および「キッザニア甲子園」の入場料金の改定を決定した。4月以降、本体価格を表示する外税方式を採用する。

「キッザニア」はメキシコが発祥。2006年、メキシコの2施設に次ぎ世界で3番目にオープンした「キッザニア東京」は、2013年10月に開業7周年を迎えていた。

キッザニアは、こどもたちの生きる力と未来への希望を育む街を創造し、職業と社会体験ができるプログラムが特徴だが、今後は、英語プログラムをさらに進化させた「グローバル人材育成」を目的とした様々なプログラムの導入や、各種スポーツイベントの開催なども準備を進めている。

こども向けの業界においては、グローバル人材育成や、心を育むスポーツイベントが全国的に加速しそうだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック