ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペイドライバー有利のシート争いに異議をとなえるアルグエルスアリ

2012年11月29日(木)9:18 am

ハイメ・アルグエルスアリは先日、「近いうちに」2013年の活動計画を発表すると話していたが、1月までこう着状態が続く可能性が出てきた。

元トロ・ロッソのドライバーで、2012年はF1にタイヤを供給するピレリでテストドライバーを務めたアルグエルスアリは、母国スペインの『AS』に対し、来シーズンの活動計画の発表をする用意は「まだできていない」と述べた。

「2013年のことは、1月までわからないかもしれないし、数日のうちに決まるかもしれない」

アルグエルスアリは、才能と経験を兼ね備える多くのドライバーが、資金を持ち込むことでシートを得るペイドライバーたちとシートを争う近年のF1の現状に不満を抱いていることを認めた。

「幸か不幸か、F1はMotoGP(2輪レースの最高峰カテゴリー)ではない。MotoGPでは、もしストーナー(ケーシー・ストーナー)がケガをしたら、ペドロサ(ダニ・ペドロサ)やロレンソ(ホルヘ・ロレンソ)に対抗できる代役は立てられない」

「でも、F1では1つのシートに対して10人の候補がいる。実績、才能、過去のパフォーマンスや経験は、ドライバーに求められていることのほんの一部にしか過ぎない」とし烈なシート争いの内情を語った。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック