ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】FIA GT1第3戦ナバラ、マコウィッキ/デュッセルドルフ組のマクラーレンMP4-12Cが優勝

2012年05月29日(火)7:20 am

スペインのナバラで27日(日)、FIA GT1世界選手権の第3戦が行われ、フレデリック・マコウィッキ/ステフ・デュッセルドルフ組の1号車マクラーレンMP4-12C GT3が優勝した。

予選レースでは、最後尾からスタートした1号車のマクラーレンが驚異的な追い上げを見せてトップでゴール。2番手には2号車のマクラーレンが入り、マクラーレンMP4-12Cにとって初の勝利は1-2という結果となった。

そして迎えた決勝レース、予想された通りに1号車が逃げ切って優勝を果たし、マクラーレンがFIA GT1初優勝を果たした。2位はマルク・バッセン/マルクス・ビンケルホック組の38号車メルセデス・ベンツSLS AMG GT3、3位はニッキー・パストレッリ/トマス・イェーガー組の37号車メルセデス・ベンツSLS AMG GT3だった。

この結果、ドライバーズ選手権では、マコウィッキ/デュッセルドルフ組が首位に浮上。チーム部門のランキングでは、SLSを走らせるオールインクル・ミューニック・モータースポーツがトップになった。

FIA GT第3戦ナバラ 予選レース

FIA GT第3戦ナバラ 決勝レース

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック