ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【訃報】元MotoGP王者、事故で死去・・・ニッキー・ヘイデンのキャリアと今季の戦績

2017年05月23日(火)4:41 am

22日(月)、元Moto GP王者のニッキー・ヘイデン(レッドブル・ホンダ)がイタリアでサイクリング中に自動車事故に遭い、集中治療室に入っていたが、22日(月)19時09分、病院側がヘイデンの死亡を発表した。35歳。

■ニッキー・ヘイデン プロフィール

ニッキー・ヘイデンは、幼少のころから数々のレースに参戦し、2002年にはAMAスーパーバイクにおいて、史上最年少でチャンピオンを獲得。2003年にHondaのワークスライダーとして、Repsol Honda Teamからロードレース世界選手権(MotoGP)のMotoGPクラスへの参戦を開始した。

2005年は第8戦アメリカGPでポール・トゥ・ウインを達成し、これがMotoGPにおける初優勝となった。この年はシーズンを通して活躍し、6度の表彰台登壇を果たし、ランキング3位になっている。そしてRC211Vのラストイヤーとなった2006年もシーズンを通して安定した走りをみせ、最高峰クラスのチャンピオンに輝いた。

以降もMotoGPライダーとして多くのファンを熱狂させたヘイデンは、2016年からはスーパーバイク世界選手権(WSB)に参戦。ルーキーイヤーであるにもかかわらず、第6戦マレーシア大会では優勝、またシーズンを通して3度の表彰台を獲得するなど活躍をみせ、総合5位となっている。

2017年は、Red Bull Honda World Superbike Teamから参戦。新型マシンのCBR1000RR Fireblade SP2を駆り、チャンピオンの獲得を目指していた矢先の事故だった。

■2017年ニッキー・ヘイデンの結果(第5戦イタリア(5/14)終了時)
■ライダーランキング:No.69 ニッキー・ヘイデン 13位 40ポイント
■マニュファクチャラーランキング:ホンダ 7位 60ポイント

■第1戦オーストラリア 
レース1:11位 22周 +19.344
レース2:リタイア 8周 +14Laps

■第2戦タイ
レース1:9位 20周 +33.305
レース2:7位 16周 +20.543

■第3戦アラゴン
レース1:10位 18周 +27.663
レース2:リタイア 11周 +7Laps

■第4戦オランダ
レース1:14位 21周 +50.016
レース2:9位 21周 +21.475

■第5戦イタリア
レース1:リタイア 4周 +8周
レース2:12位 18周 +43.738

■ニッキー・ヘイデン・プロフィール

今季参戦クラス : WSB
チーム : Red Bull Honda World Superbike Team
マシン : CBR1000RR
生年月日 : 1981年7月30日
出身地 : アメリカ
身長・体重 : 173㎝・67kg

●【訃報】元MotoGP王者、ニッキー・ヘイデン死去・・・自転車事故から数日
●【写真21枚】ニッキー・ヘイデン死去・・・今季の戦いを写真で振り返る
●【事故続報】ニッキー・ヘイデン、「重度の脳傷害」を伴う「極めて重大な」状態
●【ホンダ】交通事故に遭ったニッキー・ヘイデンに関する声明を発表
●【事故】ニッキー・ヘイデンの回復を願う声、2輪界から続々

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック