NEXT...F1開催スケジュール

ペレス、解雇の危機?ベルギーGPで「最後通告」か?ローソンとリカルドが虎視眈々

2024年07月08日(月)22:23 pm

複数の情報筋によると、セルジオ・ペレスが新たにサインした契約には、レッドブルの両F1チームに大きな影響を与える可能性がある特定のパフォーマンス条項が含まれているという。

●【2024F1第12戦イギリスGP】決勝レースのタイム、周回数/全セッションの結果

ペレスは契約後のパフォーマンス低下が続き、シルバーストーンではQ1でスピンし、日曜日の決勝でも17位以上に上がることができなかった。

現時点では、ペレスがプレッシャーを受けていることを認めつつも、チームのF1コンサルタントであるヘルムート・マルコ博士はペレスの改善を期待しているとイギリスGP後に『Sport1(スポーツワン)』に語った。

「我々はセルジオが再び立ち直ることを期待している。彼は過去にも何度か危機を乗り越えてきた。どのドライバーでもマックスと比べられれば見劣りするだろう。マックスは今が絶好調だし、さらに成長しているんだからね」

それにもかかわらず、『De Telegraaf(テレグラーフ)』紙や『Sky Italia(スカイ・イタリア)』などの権威あるメディアは、34歳のペレスが現在直面している「最後通告」の詳細を突然明らかにしている。

要するに、ペレスがベルギーGP(夏休み前の最後のレース)までにチームメイトのフェルスタッペンの得点差100ポイント以内に収まらなければ、レッドブルは契約を解除することができるというものだ。

現在、両者のポイント差は137ポイントに広がっている。

オランダの『De Telegraaf(テレグラーフ)』紙は、次のように報じている。

「(クリスチャン)ホーナーとペレスがシルバーストーン前に長時間の会話を持ち、その中で彼は夏休み前にパフォーマンスを向上させる必要があると伝えられた」

■ローソンのシートは保証

ペレスにとってさらに問題なのは、レッドブルがリアム・ローソンと契約しており、彼が2025年までにレースシートを得ることが保証されていることだ。ローソンは今週、シルバーストーンでの「フィルミングデー」でペレスの車をテストする予定だ。

したがって、34歳のダニエル・リカルドがジュニアチームのRBから昇格するか、または完全にチームを離れるかという、差し迫った再編成が現実味を帯びている。

マルコはシルバーストーンで繰り返し述べた。

「全株主が、RBは再びジュニアチームに戻るべきだと同意している」

「夏休みまでにまだ3レースある。その後、我々は腰を落ち着けて、この方向に進む決断を下すことになる」

22歳のローソンにレースシートが与えられるのはほぼ確実だ。

「彼を放出することはない。彼にはもう一度チャンスを与える」

ペレスは、プレッシャーが彼のパフォーマンス低下をさらに深めているのではないと主張している。

「いや、それは関係ない。自分が持てるフォームを見つける必要がある。金曜日は非常にポジティブな日だった。すべてが順調に見えたんだ」

ペレスは、ホーナーやマルコから自分が解雇される可能性があるとは言われていないと述べた。

「いや、何もないよ。契約があるし、できるだけ早く調子を取り戻すために仕事に完全に集中している。それが気を散らすことはない」

「今は休んで調子を整える良い時期だし、ハンガリーとベルギーでの大きな週末に間に合うことを願っている。トンネルの終わりに光が見えると思う。多くのことを変えられるコンマ2、3秒まであと少しだ」とペレスは締めくくった。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック