NEXT...F1開催スケジュール

【ハミルトン記録更新】母国9勝目、歴史的104勝達成、21世紀最年長優勝者、ライコネン超え…

2024年07月08日(月)14:10 pm

F1第12戦イギリスGP(シルバーストーン)の決勝レースで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がドラマチックな優勝を果たした。

●【2024F1第12戦イギリスGP】決勝レースのタイム、周回数/全セッションの結果

ハミルトンは通算104勝目を挙げ、歴代記録を更新した。母国GPでの勝利は特別なもので、単一グランプリ会場での9勝目という歴史的記録も達成した。また、これはハミルトンにとって344戦目の勝利であり、300戦を超えてグランプリに勝利したドライバーはこれまで誰もいなかった。

この勝利は2021年サウジアラビアGP以来で、56レース連続無勝利記録に終止符を打った。ハミルトンは39歳182日で、21世紀における最年長のF1レース優勝者となった。

シルバーストーンでの表彰台獲得は12回連続、同サーキットでの表彰台獲得は通算15回目となり、単一サーキットでのF1記録を更新した。さらに、ハミルトンの表彰台獲得回数はキャリア通算199回目、メルセデスでは150回目となった。

2024年のF1は、12レース目で6人目の優勝者となり、2023年の優勝者が3人だったのに対して、今年の競争の激しさが伺える。

ハミルトンのキャリア初優勝から今回の優勝までの期間は17年1か月で、優勝期間の間隔としては史上最長記録を保持している。これまでの記録はキミ・ライコネンの15年だった。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック