NEXT...F1開催スケジュール

ベルガーが現状を語る:「フェルスタッペンは移籍を真剣に検討」「新フェラーリ黄金時代も」次世代F1の鍵を握るニューウェイの現在地は?

2024年06月12日(水)20:45 pm

エイドリアン・ニューウェイがマックス・フェルスタッペンの移籍先の鍵を握っていると、伝説のドライバー、ゲルハルト・ベルガーが語った。

元レッドブルのセカンドチームの共同オーナーだったベルガーは、『Bild am Sonntag』に対し、レッドブルの現在のパフォーマンスと権力闘争の問題から、フェルスタッペンが契約の出口条項を目指しているという噂が真実かどうかを聞かれた。

「マックスは、現在、彼のメンターであるヘルムート・マルコと技術の天才エイドリアン・ニューウェイがいない中で、今後どうするかについて真剣に考えている段階にある」と、元フェラーリとマクラーレンのドライバーであり、レッドブルのオーストリアF1派閥と非常に近い関係にあるベルガーは語った。

実際、ニューウェイはすでにレッドブルでの大部分の職務から退いており、81歳のチームコンサルタントであるマルコは今年初め、クリスチャン・ホーナーによる追放計画の噂を乗り越え生き延びた。マルコの将来は今も不透明であり、フェルスタッペンはメンターへの忠誠を誓っている。

「レッドブルは、現時点ではマックスにとって最善の解決策だ。しかし、彼は機会があれば、より良い解決策を求めるだろう。もし彼が車が弱くなり始め、他の場所にアドバンテージを見つけたら、その機会を逃さないだろう。彼はパフォーマンスによって突き動かされるのだ」とベルガーは言う。

しかし、ベルガーはメルセデスが現在フェルスタッペンにとって魅力的であるとは考えていない。ただし、ニューウェイがトト・ヴォルフからのオファーを受け入れれば、その状況は変わる可能性がある。

「彼を手に入れたいと思うのはどのチームにとっても必須だ。もしニューウェイがメルセデスを選んだら、フェルスタッペンはすぐにそこに行くだろう。ニューウェイは絶対的な天才であり、彼がいるところには成功がある。彼は過去25年間でそれを証明してきた」

「しかし、現時点ではニューウェイはフェラーリに行くようだ。もしそれが実現すれば、私はそう予想しているが、チーム代表のフレデリック・バスール、ニューウェイ、シャルル・ルクレール、ルイス・ハミルトンとの新しい成功の時代が始まるだろう。私の考えでは、この組み合わせは他のチームにとって手強い存在となるだろうね」とベルガーは語った。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック