NEXT...F1開催スケジュール

【ホンダF1】ペレスが5位入賞も、3台リタイアの厳しい結果。フェルスタッペンは次戦3グリッド降格/F1イタリアGP

2021年09月13日(月)5:44 am

F1第14戦イタリアGP(モンツァ)決勝レースを終え、1台入賞、3台がリタイアに終わったホンダF1が次のように振り返った。また、レース後にはルイス・ハミルトン(メルセデス)との接触の原因を作ったとして次戦3グリッド降格ペナルティを科せられている。

●【2021年F1第14戦イタリアGP】決勝レースの結果、タイム、周回数、ピット回数

■ホンダF1
決勝レース最高位:5位

モンツァ・サーキットで行われたイタリアGPの決勝は、Hondaパワーユニット勢3台が完走を逃す結果となる中、セルジオ・ペレスが奮闘を見せて5位フィニッシュを果たしました。

■レコノサンスラップでアルファタウリの2台に異常

前日のスプリント予選でクラッシュを喫したピエール・ガスリーは、スタートが最後尾となることが決まっていたことから、パワーユニット(PU)を交換。エナジーストアが新スペックとなったため、レギュレーションによってピットレーンスタートが決まりました。しかし、レコノサンスラップでガスリーが異常を報告。これを修復してのスタートとなりました。

角田裕毅は、一度グリッドに着いたものの、こちらも問題が発覚し、グリッド上での修復を断念。ガレージに戻ったものの解決することができず、スタートに間に合いませんでした。さらに、ガスリーも1周目を終えてリタイアせざるを得ず、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは2台ともポイントを逃す厳しい結果となりました。

■フェルスタッペンとハミルトンが接触、リタイア

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、ターン1でダニエル・リカルドに先行を許し、2番手で追走する形になりました。戦略を駆使してポジションを上げるべく、23周目にピットストップを行いましたが、作業時間が長くなり、集団の中でレースに復帰する形となりました。

挽回を期して追い上げたフェルスタッペンは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のピットアウト直後にターン1で並びかけますが、そのまま2台が接触。双方が絡んでコース外にストップし、ともにリタイアとなりました。

これによってセーフティカーが出動したタイミングで、ペレスがピットイン。ミディアムタイヤからハードタイヤに交換し、4番手でレースへ復帰しました。

■ペレス、痛恨の5秒タイムペナルティ

ペレスは3番手に浮上しますが、このオーバーテイクの際にコース外を走行してアドバンテージを得たとして、5秒加算のタイムペナルティが科されます。その後も1-2番手を走行するマクラーレン勢の後方でペースを維持し、背後で追い上げるバルテリ・ボッタス(メルセデス)の追撃も振り切ったペレスは、3番手のままでチェッカーフラッグを受け、5秒が加算されて5位入賞となりました。

これで後半戦の皮切りとなった3連戦が終了。次戦は、9月26日(日)に決勝が行われる、ソチでのロシアGPです。

●【F1世界選手権ポイントランキング表】メルセデスがリード拡大!F1イタリアGP終了後

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック