NEXT...F1開催スケジュール

【アストンマーティン】ベッテル「キミは前にいる僕が見えなかったんだろうね」/F1オーストリアGP

2021年07月05日(月)1:58 am

F1第9戦オーストリアGP(レッドブル・リンク)決勝レースを終え、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が次のようにコメントした。

●【F1第9戦オーストリアGP】決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

最終ラップのターン5で、イン側にベッテル、半車身後ろのアウト側にライコネンという状態で、ベッテルの左リヤタイヤとライコネンの右フロントタイヤが接触、2台は絡み合いながら左側のグラベルに消えてしまった。2人は無事だ。

アウト側にいたライコネンの左側には十分なスペースが空いている中での接触。スチュワードはレース後、この事故について審議中としている。巻き込まれたベッテルとしては残念な終わり方だった。暫定レースリザルトでは、ライコネンが16位、ベッテルが17位となっている。

■セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
スターティンググリッド:11番手(3グリッド降格ペナルティ)
決勝レース:17位

「今日のレースは決して楽なものではなかった。キミ(ライコネン/アルファロメオ)との間に誤解があって、グラベルを走行することになってしまった。

彼は僕が前にいるのが見えなかったのだろう。僕が最初に気がついたのは、左リアに感じた接触だった。

僕は第4コーナーをうまく抜け出して、第5コーナーに差し掛かった時には、キミの右から前に出ていた。

キミの意図はなかったと思う。それ以前に、今日はポイント獲得を目指して戦うだけのスピードがなかったんだ。

車内で感じていたバランスは良かったけど、フレッシュエアーではない渋滞に巻き込まれた序盤のスティントでは、ミディアムタイヤを履いたマシンの方が良いパフォーマンスを発揮していた。

ポイントを獲得できなかったのは残念だけど、次のシルバーストーンでのレースまでに、どこを改善すればいいのかを理解するために努力するよ」

●【最新ランキング表】2021年F1チャンピオンシップ・ランキング
●【決勝ハイライト動画】レッドブル5連勝!ホンダF1はセナ・プロ以来33年ぶり!フェルスタッペンは3連勝
●【アルファロメオ】ライコネン、接触も意に介さず「ベッテルと接触したけど2人ともポイントは獲れなかったから結果は同じさ」
●審議中!最終ラップで元フェラーリのベッテルとライコネンが接触してコースアウト!

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック