NEXT...F1開催スケジュール

【ホンダF1】フェルスタッペンがPP獲得!ホンダは1991年以来の開幕ポール/F1開幕戦バーレーンGP予選

2021年03月28日(日)6:09 am

2021年F1開幕戦バーレーンGP(バーレーン・サヒールサーキット)で今シーズン初の予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がポールポジションを獲得した。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)も予選5番手となり、ホンダF1は2台がトップ10に入った。

●【F1第1戦バーレーンGP】予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■ホンダF1:予選レポート

2021年最初の予選は激しい戦いとなり、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジション(PP)を獲得しました。

Hondaエンジン/パワーユニット搭載マシンによる開幕戦でのPP獲得は、1991年にフェニックスで行われたUS GPのアイルトン・セナ選手以来となります。

また、Hondaパワーユニット勢としては2台がQ3進出を果たし、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが5番手に入りました。

■ガスリー車にデータ異常

予選前のFP3での走行中、データに異常を確認したため、ガスリーのエナジーストア(ES/バッテリー)とコントロールエレクトロニクス(CE)をセッション後に交換して予選に臨みました。

■予選Q1

予選Q1での1回目のアタックでは、トップタイムのフェルスタッペンを筆頭に、これが予選デビューとなる角田裕毅が2番手、ガスリーが4番手、セルジオ・ペレスが5番手と、4台がトップ5に入り4台そろってのQ2進出を果たします。

■予選Q2

Q2は非常に僅差の戦いとなります。明日の決勝でのスタートタイヤを考慮し、4台ともにミディアムタイヤでの突破を狙いましたが、ペレスは1回目のアタックでトラックリミット違反の裁定を受けてタイム抹消。2回目のアタックでは、突破ラインにわずか0.035秒届かず、11番手で予選を終えました。

角田も2回目のアタックでタイムを伸ばせず、13番手でQ2敗退となりました。ただし、両者ともに明日のレースではスタートタイヤを自由に選択することが可能となります。角田はルーキーながらミディアムタイヤでのQ2突破を狙い、果敢にアタック。惜しくも実を結びませんでしたが、チーム、そして本人ともにこのレースへの自信がうかがえます。

■予選Q3

Q3へは、フェルスタッペンとガスリーが進出。フェルスタッペンは、1回目のアタックからトップタイムをマークしましたが、メルセデスのルイス・ハミルトンが0.023秒差の2番手に接近。

しかし、フェルスタッペンは2回目のアタックでさらにタイムを伸ばし、3つのセクターすべてで最速タイムをマークすると、2番手に約0.4秒の差をつけて自身通算4度目のポールポジションを獲得しました。

ガスリーも力強い走りを見せ、メルセデス、フェラーリに続く5番手で明日の決勝レースをスタートします。

決勝レースは日曜日24時(月曜日0時)からスタート。昨シーズンまでは0時10分スタートだったが、今シーズンから従来の0時00分スタートに変更になっている。

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック