ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン】アロンソ「トップ6の後ろの7位は本当に満足だし小さな勝利だ。途中まで最速だったのも嬉しいね」

2018年09月17日(月)5:50 am

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)が、F1シンガポールGP決勝レースを次のように振り返った。

●【画像:決勝レース結果】2018年F1第15戦シンガポールGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)
決勝レース:7位

「7位には本当に満足だ。通常は僕たちの前で何かが起こるけど、今日は6台の車がすべてレースを終えたから、トップ6のすぐ後ろの7位は僕たちにとって小さな勝利だ」

「僕たちは完璧な戦略で完璧なレースを見せ、ウルトラソフトタイヤ(パープル)からタイヤのアドバンテージを最大限に引き出し、次にソフトタイヤ(イエロー)に切り替え、最終的にチームにポイントをもたらした」

「レースのある時点では、最速タイムのクルマでもあった。このような厳しいサーキットにおいて、こういうことは僕をさらにハッピーにしてくれるよ」

「セーフティカーが入った場合は再びギャップを開いておく必要があったし、僕たちの後ろにいる車がいつ止まるのか分からなかったから、僕にとっては退屈なレースではなかったよ。だから、たとえ僕たちが一人で走行していたのは、ギャップをコントロールするためだったんだ」

「このトラックの特徴が僕たちのパッケージに合っていることをここに来て知ったんだ。競争力があることを期待するレースやそうでないレースもあるから、今シーズンの残りも上下すると思う」

「目標は日曜に得点することだし、コンストラクターズチャンピオンシップでチームを助けるよ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック