ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「初体験だけどゲームでは大好きなコース。サウナに入って暑さ対策して臨むよ」

2018年09月12日(水)8:18 am

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、F1シンガポールGPを前に次のように語った。

■ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

「シンガポールGPでの経験は、レッドブル・レーシングのリザーブドライバーとして帯同したことだけなんだ。実際に走ってはいないけどレースは一度見ているので、シンガポールの暑さと湿気のすごさ、そしてナイトレースがどのようなものかについては理解できているつもりだよ。

ここでは午後に起床して明け方に眠りにつく。普段とは異なるリズムになるけれど、ヨーロッパ時間のことは一度忘れて、人工照明の下でのレースに慣れればいいだけだから、そこまでたいへんだとは思っていないよ。

前回、ここに来たときも楽しいと感じていたんだ。湿気が高くジメジメする部分で、ここはドライバーにとってはシーズンを通して最も過酷なレースとなる。

走ったことはないけれど、レイアウトを見て、リズムに乗って走れる僕が好きなタイプのトラックだなと思った。とにかくコーナーが多く、テクニカルなんだ。

スパとモンツァでは難しいレースになると分かっていたけど、今回のマリーナ・ベイ・サーキットは、データ上では僕たちのマシンとずっと相性がいいはずだから、どんな走りを見せられるか楽しみにしているよ。

レースに向けては暑さ対策もしています。レースウィーク直前まで、服を何枚も着込んで汗をたくさんかいたり、サウナに入るトレーニングを続けていくつもりだ。ビデオゲームではお気に入りのサーキットの一つなので、実際にドライブして本物を体験するのが今から待ちきれないよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック