ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソとバトンがサインツのマクラーレン移籍を支持する理由とは?

2018年08月20日(月)19:25 pm

2019年シーズンにはF1で走らないと発表したフェルナンド・アロンソが、マクラーレンに自分の後任として移籍することを決めたカルロス・サインツ(現ルノー)の決断を支持した。

レッドブルのジュニアチームであるトロロッソから2015年にF1デビューを飾ったサインツだが、今季はレンタル移籍という形でルノーに所属している。

少し前までは2019年もルノーに残留するか、あるいはレッドブルに昇格することになるのではないかとうわさされていたサインツだが、最終的には同郷スペインの先輩ドライバーであるアロンソの後任としてマクラーレンで走ることになった。

■レッドブルよりもマクラーレンを選んだサインツ

レッドブルとの契約が今季までとなっているダニエル・リカルドが来季ルノーへ移籍することが明らかとなり、理論的にはトップ3チームの一角を占めるレッドブルに移る可能性もあったサインツだが、実際には自分から望んでマクラーレンへの移籍を決めていたようだ。

「(マクラーレンは)F1において非常に成功を収めてきたチームだし、多くの歴史を持っている」

そう語ったサインツは次のように付け加えた。

「僕のレッドブルでの将来は依然として不透明だったし、僕はマクラーレン・ファミリーの一員になりたかったんだ」

■サインツには十分な力があるとアロンソ

自分の後任として友人でもあるサインツを迎えることになったアロンソもその決断を支持し、次のように語った。

「カルロスはマクラーレンのようなプロジェクトを率いるのに必要な資質はすべて備えている。チームも今年が終わるまで改善を続けるだろうと期待しているよ」

「クルマが抱えている問題に関してはもう数か月にわたって特定されてきているんだ。だけどすでに2018年の設計は終わってしまっているし、今からそのための対策を講じることはできないけれどね」

「だけど、2019年にはまったく違ったものになるだろうと思っている。もっといい年になるだろうと思うし、カルロスはそんなプロジェクトを率いるための経験と能力を兼ね備えている」
23歳のサインツについてそう語ったアロンソは次のように付け加えた。

「彼はまだ若いし、F1でそれほど長くやってきたわけじゃない。それでも、彼はトロロッソとルノーで十分な経験を積んできている。その2チームでの経験をマクラーレンでものすごく生かせるだろうね」

■マクラーレン移籍は正しい判断だとバトン

また、2016年までアロンソのチームメートを務めていたジェンソン・バトンもサインツのマクラーレン移籍は決して悪いことではないと考えているようだ。

「カルロスはルノーでいいパフォーマンスを見せていた。だけど、彼にとってマクラーレンへ行くのがいいことかどうかは分からない」

「リカルドがルノーに移ってくるため、彼(サインツ)には残留という選択肢はなくなった。だから、これ(マクラーレン移籍)は正しい判断だと思うよ」

そう語った2009年のF1チャンピオンであるバトンは次のように付け加えている。

「マクラーレンが来年改善できるかどうか様子を見ないとならないね。それは彼らにとっては困難なことだろう。だけど、何度もF1タイトルをとった偉大なチームだ。もう少し時間はかかるかもしれないが、彼らは再び偉大なチームとなるための方策を見いだすことができるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック