ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】トヨタのラッピ「クルマの仕上がりには自信。表彰台が最低限の目標」

2018年08月17日(金)20:10 pm

16日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドが開幕。デイ1としてドイツ西南部のザンクト・ヴェンデル市街地でSS1が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック(ヤリスWRC 8号車)が総合1位に、エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC 9号車)が総合12位に、ヤリ-マティ・ラトバラ(7号車)が総合15位につけ、ヤリスWRCは全車がSS1を走破した。

■エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

「前戦ラリー・フィンランドでのクラッシュがあったので、シェイクダウンは走りの感覚を取り戻すための良いチャンスでした。

シェイクダウンのコースは非常にスムーズで、クルマはかなり良いフィーリングでした。

SS1では良い感覚がまったく得られませんでしたが、明日からのステージとはタイプが大きく異なるので、気にするべきではないでしょう。

今週末は良い結果を期待しており、表彰台に上がる事が最低限の目標です。ターマックラリーとクルマの仕上がりには自信があるので、優勝を狙って戦いたいと思います。」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック