ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ルノーがフォース・インディア救済に消極的な理由は?

2018年08月03日(金)17:05 pm

ルノーではF1にいわゆる“Bチーム”が増えることを懸念しているようだ。

最近、マクラーレンとウィリアムズ、そしてルノーの3チームが経営破たんに陥ったフォース・インディアがF1で有する権利を新オーナーがすべて無条件で継承することに反対していると報じられた。

この3チームにはそれぞれの反対理由があるようだが、ルノーの場合はF1にこれ以上Bチームが増えることは好ましいことではないと考えているためだという。

現在のF1には全部で10チームがエントリーしているが、事実上トロロッソはレッドブルの、そしてハースとザウバーはフェラーリのBチーム的な存在だと言われている。

そして、最近のうわさではウィリアムズがメルセデスのBチームとなる可能性がうわさされているとともに、フォース・インディアに関してもメルセデスが助け舟を出すことによって自分たちのBチームにする可能性もあると指摘されている。

■Bチーム化が進むのは望ましいことではないとルノー

ルノーF1チームを率いるマネジングディレクターのシリル・アビテブールは、こうした状況に言及しながら、フォース・インディア救済に消極的な理由を次のように語った。

「これはF1にとって望ましいことではないよ」

「我々はこのアプローチによって、そうした企てによるアドバンテージを持てない者が奪われてしまうのではないかと少しばかり懸念しているんだ」

「我々はF1で力を発揮するためにはそれが必要条件だというようなことにならないようにしなくてはならない。そうしなければ、我々のモデルはうまく機能していかないだろう」

■その考えはもっともだとメルセデス

メルセデスF1チームを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)は、ルノーの懸念はよく理解できると次のように語った。

「私も大規模チームが小規模チームを買収し始めるようなことになれば、これは疑問だと思うし、将来に向けてこういう視点に立つことは私も尊重するよ」

「私もすべてのことについて話し合いを行うことで小規模チームが共通の構造の中で利益を得られるようになることを期待している。だが、同時に、現在は可能となっているアドバンテージが得られなくなることも必要だね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック