ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「2周アタックの方が良かったかも・・・ロングランは速いよ」

2018年07月22日(日)6:14 am

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)がF1第11戦ドイツGP予選を次のように振り返った。

●【画像:予選結果表】2018年F1第11戦ドイツGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、使用タイヤ、周回数

■ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
フリー走行3回目 1:36.151、6番手、6周
予選(Q1) 1:14.045、18番手

「今日はQ2に進出できなくて少しガッカリだよ。

比較的スムーズなセッションだったし、最初のラップはいい感じだったから、セッションの最後に1周アタックをすることに決めたんだ。あとから考えれば、おそらく2周走っていたほうがトラックが改善していたんだろうからもっと良かったんだろうね。さらにウルトラタイヤでは、本当に速さを欠いていた。

ポジティブな事を考えると、僕たちのロングランペースはかなり競争力があるようだね。僕たちはレース・シミュレーション中に中団グループで最も速いクルマの1つだったよ」。

●【オンボードカメラ映像】ベッテル、母国GPでコースレコードを塗り替える完璧な走り
●【予選Q3結果】ベッテル、母国GPでコースレコード!55回目のポールポジション獲得
●【画像:予選Q2速報】リカルドとハミルトン出走せず アルファロメオ・ザウバーQ3進出
●【画像:予選Q1速報】王者争いのハミルトン、Q2は出走できず・・・
●【予選Q1速報】ホンダ、2台脱落 ザウバー6番手通過
●【ハイライト動画】フェラーリ&母国ベッテル、ポール獲得!ホンダはQ1脱落

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック