ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【FP2レポート】ホンダにトラブル発生 トップに立ったのはフェラーリ/F1イギリスGP

2018年07月07日(土)0:06 am

2018年F1第10戦イギリスGPが7月6日(金)、シルバーストン・サーキット(全長5.891km)で開幕。現地時間14時(日本時間22時)から行われたフリー走行2回目でフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップに立った。

●【画像:FP2結果】2018年F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

フリー走行1回目でクラッシュを喫したロマン・グロージャン(ハース)のマシン修復が間に合わず、全19台で行われたこのセッションではトップチーム勢は走行開始のタイミングをずらしてくる。

セッション開始から7分ほどが経過したところでまずフェラーリ勢が走行を開始。開始15分前後にレッドブル勢がコースにその姿を見せ始める。

ところが、最初のタイム計測ラップに入ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が最終オーナーの立ち上がりでマシンコントロールを乱してそのまま左側のウォールにクラッシュ。ここでセッションは赤旗中断となってしまう。

フェルスタッペンにけがはなかったがマシンは大きなダメージを負ってしまい、フェルスタッペンはこのセッションをノータイムで終えることになった。

残り65分の時点でセッションが再開されるとここでまだタイム計測を行っていなかったメルセデス勢がコースイン。ここに持ち込まれたドライタイヤのうち一番硬いハードタイヤをバルテリ・ボッタスが、中間のコンパウンドであるミディアムタイヤをハミルトンが履いてセッションを開始した。

そしてセッション再開から10分ほどが経過したところでまずフェラーリのキミ・ライコネンが一番軟らかいソフトタイヤに交換して予選シミュレーションを開始しトップタイムを刻む。そして、チームメートのベッテルもその数分後にソフトタイヤに交換。ベッテルはここで1分27秒552の全体ベストタイムをマークする。

その後メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、そしてレッドブルのダニエル・リカルドもソフトタイヤでのアタックを開始する。だが、メルセデス勢はベッテルのタイムには届かず、ハミルトンが2番手、ボッタスが3番手にとどまった。リカルドはライコネンのタイムにも及ばず5番手だった。

その3強チーム勢に次ぐ6番手につけたのはマクラーレンのフェルナンド・アロンソだった。さらにルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、フォース・インディアのエステバン・オコンとセルジオ・ペレスがそれに続き、来季はフェラーリのシート獲得かとのうわささえあるザウバーのルーキー、シャルル・ルクレールが10番手に食い込んだ。

トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリーが13番手タイムを刻むも、その後PU(パワーユニット)にトラブルが発生しコース脇にクルマを止めてしまうというアクシデントが発生。ガスリーが搭載していたPUは金曜のセッション用PUであり、明日以降は予選・決勝用PUに載せ換えることにはなるものの、今後に向けて不安を残す結果となったのは確かだろう。

トロロッソ・ホンダのもう1台に乗るブレンドン・ハートレーはタイム計測を行った18台中最下位の18番手でセッションを終えている。

■フリー走行2回目トップ10ドライバー

トップ/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:27.552
2番手/ルイス・ハミルトン(メルセデス) 1:27.739
3番手/バルテリ・ボッタス(メルセデス) 1:27.909
4番手/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:28.045
5番手/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:28.408
6番手/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:29.306
7番手/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) 1:29.354
8番手/エステバン・オコン(フォース・インディア) 1:29.467
9番手/セルジオ・ペレス(フォース・インディア) 1:29.552
10番手/シャルル・ルクレール(ザウバー) 1:29.557

F1イギリスGPフリー走行3回目は、明日の日本時間19時にスタートする。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック