ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソ「来年もF1で走っているかどうかは分からない」

2018年07月01日(日)19:36 pm

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が、今年が自分にとって最後のF1シーズンになるかもしれないと示唆した。

2005年と2006年にルノーで2年連続F1チャンピオンとなって以来タイトルから見放されているアロンソだが、それでも現役最高レベルのドライバーだという評価には揺るぎないものがある。

■F1では勝利に見放されたアロンソ

だが、現時点ではマクラーレンがメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームに肩を並べることはできておらず、すでに36歳となったアロンソにとって3回目のF1ドライバーズタイトル獲得という目標を達成するのは非常に難しい状況となっているのは確かだ。

そうした状況の中、数年前からアロンソは世界3大自動車レース制覇が目標だと公言するようになっていた。すでにF1モナコGPで2度優勝した経験を持ち、今年トヨタから参戦したル・マン24時間レースでも優勝を果たしたアロンソにとって、残された目標はインディ500での優勝だ。

最近では、アロンソは今季いっぱいでF1を離れ、2019年にはアメリカにわたってインディカーにフル参戦することを考えているようだとも言われている。

■来年もF1を続けているかどうかは分からない

母国スペインのラジオ局『Cadena Cope(カデナ・コペ)』から今後のことについて質問されたアロンソは次のように答えた。

「F1を続けるかどうかは分からないよ」

「それは僕自身が決める必要があることだ。だけどまだ何も決めていないし、計画すらないよ。全身全霊をささげることができないような時期に入りつつあるという意味において、僕は後味の悪い終わり方はしたくないんだ」

「それが今年になるのか、あるいは数年後になるのかは分からない。だけど一番大切なことは今を楽しむことだし、自分が役だっていると感じ、クルマやチームに対してプラスアルファの貢献ができていると感じることさ」

「そうしたものが失われれば続けるのは難しいだろうね」

■インディ500挑戦は魅力的。決断は夏休み後

そう語ったアロンソは、今魅力を感じているのはインディ500挑戦だと認め、次のように続けた。

「将来に向けては魅力ある挑戦がある。3冠(世界3大レース制覇)だし、インディ500だよ」

「夏が終わるころに可能性のある選択肢に関して熟考し、そこで僕のチームやファンのためにも最善の決断をしたいと思っている」

F1では苦悩の日々が続いているアロンソだが、レッドブルリンクで6月30日(土)に行われたF1オーストリアGP予選でもQ3進出を逃して14番手にとどまっている。ザウバーのシャルル・ルクレールが規定外ギアボックス交換により5グリッド降格となることでアロンソはオーストリアGP決勝を13番グリッドからスタートすることになる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック