ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェラーリの方が勝つチャンスは多いとフィッティパルディ

2018年06月27日(水)17:57 pm

ブラジル出身の元F1ドライバーであるエマーソン・フィッティパルディは、最終的に今季のF1ドライバーズタイトルを手にするのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルとなる可能性が高いと考えているようだ。

最大のライバルであるメルセデスのルイス・ハミルトンに対して1ポイントリードで前戦F1フランスGPを迎えたベッテルだったが、予選でメルセデス勢に最前列をキープされてしまい3番グリッドから決勝をスタート。

だが、その直後に2番グリッドからスタートしていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)に追突するミスを犯してしまい、結局レースを5位で終えることになってしまった。一方、ハミルトンは危なげなくポール・トゥ・ウィンでフランスGPを終え、逆にベッテルに14ポイント差をつけてランキングトップに返り咲いている。

「1周目からベッテルはあまりにも攻撃的に行き過ぎた。そして彼は緊張してしまったんだ」

1972年と1974年の2回F1チャンピオンとなった実績を持つ71歳のフィッティパルディはイタリアの『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』にそう語ると次のように続けた。

「だが、実際のところフェラーリの方が勝つチャンスは多いし、事実過去3レースか4レースではメルセデスもフェラーリがどれほどの進歩を遂げたのかを理解していた」

「トト・ヴォルフ(メルセデス/エグゼクティブディレクター)はスクーデリア(フェラーリ)のパフォーマンスにものすごく驚いていたよ」

そう語ったフィッティパルディは次のように付け加えている。

「今年の選手権はものすごく均衡状態にある。レッドブルでさえ非常に強いしね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック