ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン】アロンソ「ほぼ1セットで走ったけどリタイアに・・・でもまだ楽観的さ」

2018年06月25日(月)2:15 am

F1第8戦フランスGP決勝レースを終えて、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)が次のように振り返った。

●【画像:決勝レース結果】2018年F1第8戦フランスGP決勝レースのタイム差、周回数

■フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)

「後方からレースをスタートしたが、周りの多くのアクシンデントを避けたので、スタート時のポジションを失ってしまった。前には車が多すぎて、ショートカットを取ったけど、僕はトラック上にとどまったけど、最後には終わってしまった」

「セーフティーカー後にはまだ後方だったし、ブレーキにオーバーヒートの問題を抱えてしまい、レース中はトラフィックの中をほぼ1セットのタイヤで走行した。そして最後は、サスペンショントラブルでリタイアしなければならなかったんだ」

「5日後(オーストリアGP)には、今日のことを忘れてレースをする機会がもう1度ある。今週末のようなことが1回限りであることを願っているし、(オーストリアGPの)スピールバーグ、そして特に(イギリスGPの)シルバーストーンではより良い結果を見せたいね」

「今後数ヶ月間で新しいものがいくつか出てくることは分かっているし、今週末はまだ不調だったけど、まだ楽観的だよ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック